トップページ | 世界一ダイエット上手なボディービルダーたち(Ⅱ) »

2005.01.03

世界一ダイエット上手なボディービルダーたち!?(Ⅰ)


今日は少しみなさん興味ないかもしれませんが、ちょっと“ボディービルダー”と“ダイエット”の関係について書いてみたいとおもいますので、ちょっと読んでみてください。


あなたはボディービルと聞いてどんな印象を持っていますか?


きっと、ごつい体の筋肉がやたら付きすぎたゴリラのようなひとたちが、ステージ上で歯を食いしばって奇妙なポーズをパンツ一丁でとっている姿を思い浮かべるのではないですか?

また、よく言われるのが男性のボディービルダーであればナルシストとか同性愛者。

あと、ひどい意見では “気持ち悪い”(まあ最初は私もそう思いましたが)たぶんそのへんが定番ですかね。

実際、何年か前(かなり前)いろいろな職業や、業界の人たち50人を集めて司会者や、ゲストが質問をする番組がありました(たとえばとか、お医者様50人とか、社長婦人50人とか、AV女優50人のような)。

それに“ボディービルダー50人”というのがあったのですが、たくさんの質問の中にやはり、今上に挙げた事に関する質問は含まれていましたからね。

まあ、ちょっと悔しいですけど、世間の認知度はそれぐらいでしょう。

でも、私の知っている限りではゲイとかナルシストとかは実際にはそんなにいないですよ。 まあ、いたとしても私にはそれが悪いことだと思いませんけど。






さて、前フリはこれくらいにして・・・


で、あなたはどう思いますか?

ここではちょっと“そんな偏見達”を払拭したいという願いから、少しボディービルという競技についてお話させてもらおうかな、と思っています。

そうすれば、どうして、今回のようなたいそうなタイトルを付けることができたのか、その意味が分かってもらえるとおもいますので。

「ちょっと待ってよ。俺(わたし)はボディービルなんて興味ないんですけど・・・。」

と言う声が聞こえてきそうですが、まあ、聞くだけでも聞いてみてください。なぜなら・・・


ボディービルのコンテストに出場するためにするその準備期間そのものが、本来のダイエットに必要なものそのものだからです。






“世界一ダイエット上手なボディービルダーたち!?” 


もちろんこれは、ずべてのボディービルダーというわけではないですが、コンテストに一回でも出たことあるボディービルダーなら当てはまると思いますよ(とくに何回も出場経験のある、しかもトップクラスの人たちはダイエットの本当のプロです)。

いろいろな人がダイエットをしています。

その中でも、スポーツ選手、とくに階級性(体重別)のある競技をされている方はかなりダイエット上手だとおもいます。その体重のリミットをクリアしなければ出場できないのですから。

階級制を設けているスポーツの選手のほとんどの人がいわゆる“減量” または “ダイエット”というものをしたことがあるとおもいます。

では、そのダイエットを必要とするスポーツとボディービルの違いは何でしょうか?





ボクサーダイエット VS ボディービルダーダイエット


そう、それはずばりダイエットするその目的です。たとえばボクシングを例にとってみましょうか。

まず、彼らの目的は試合に出場する為に、その出場するクラスの体重のリミットまで体重を落とすこと、それが最初の目的になります(これは階級別の場合ボディービルも同じです)。

ただ、ここからが違います。

彼ら(ボクサー)は、基本的に制限体重をクリアするためだけに“体重”を落としますが、それに比べボディービルダーは、制限体重をクリアするために“体脂肪”のみを落とします。要は・・・

体重を落とすことそれのみが目的なのか、体脂肪を落としたことによる体重減少が目的なのか。

ここが根本的に違うのです。その他としては細かいことは多々ありますよ。ボクサーなら試合に勝てる体を作らなければなりません。

今まで練習してきた技術を出せる減量をしなければなりません。またその技術を出すための体力や、スピードを維持しなければなりません。その体力やスピードを出すためのスタミナも残さなければなりません。

よりトータルな観点から見て、とてもハードでより“複雑”なダイエットになります(つまりダイエット前とダイエット後に運動能力ができる限り変わらないようにするダイエットと言えるでしょう)。

では、それに比べボディービルはどうでしょう?




ボディービルダーのダイエットの目的は究極的にシンプル


ボディービルのダイエットはもっとシンプルです。目的はただ一つ。

“できる限り脂肪だけを落とす”。

ただ、この一点のみに集中したダイエットといっても過言ではないでしょう。

もう一点だけ付け加えるなら“できる限り筋肉を落とさずに”です。

さて、これを聞いてあなたはどう思いましたか?

私はこれこそまさに
“世間一般で本当に正しいとされているダイエット”だと思うのですが。





自分の体を実験台に・・・


これを実現するためにほとんどのボディービルダーは、特にトップクラスのコンテストビルダーは、ことダイエットに関しては教授や、栄養士のひとに負けないぐらいの知識を持っています(さっきも言いましたがみんなではないですよ)。

そしてさらに言うなら、専門家のひとたちと決定的に違う点があるんです。それは、彼らは実際にそれを(ダイエットを)自分の体で実行しているということです。


それがボディービルダーなのです。

そして、彼らがおこなっているこのダイエットは決してボディービルダーだけができる限定されたものではありません。一般の方でもできるダイエットなのです。

だって、あなたは相手と戦うためにスタミナを必要としませんし、殴る技術もいるわけではありません。また、ボディービルダーでもなく、ましてやコンテストに出場するために体脂肪率を5%にするわけではなのですから。

そんなにハードなことをする必要はないわけです。

ただ、健康的に体脂肪が落とせて尚且つ“かっこいい体”が手に入ればいいんですものね。

ということで、長くなってしまいましたが、“世界一ダイエット上手”とは決して言い過ぎではないのです。だって、ただ体脂肪を落とすことのみを極め続けている人たちなのですから・・・。


~~

~~


以上、今回はこのへんで一応切っておきますが、実はもっともっとボディービルダーは奥が深いのです。その深さの一片でも次回お話ししようとおもっています。

お楽しみに。

登録しました。

これから記事を書く励みにもなりますのでよかったらクリックよろしくお願いします。
   ↓     ↓

人気blogランキング

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70445/2458569

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一ダイエット上手なボディービルダーたち!?(Ⅰ):

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)