« チンニング② ~背中のトレーニング~ | トップページ | どうも、お久し振りです。(バルクアップ報告①) »

2005.05.31

自重トレの限界

こんにちは。yoshiです。今回も質問に対する回答(アドバイス)になります。今日のタイトルは“自重トレの限界”。

果たして、自重トレでの“効果”はどれぐらいなのか?

それについて書いて見たいと思います。まずはいつものとおり、質問からみてください。




~質問、一部抜粋~

 yoshiさん はじめまして。たまたまこのブログを発見してからは、「お気に入り」に登録して、毎朝仕事前に、更新がないか、ランキングが上がっているかなどチェックさせていただいています。密かな楽しみです。ところで、いきなりで申し訳ありませんが、質問させていただきたいことがあります。

(yoshiさんの影響もあって)最近私も筋トレを再開したのですが、その中での疑問点です。 
 

私は、基本的に自重のみで筋肉を追い込もうと、超スローな筋トレをしているのですが、10~15レップス近辺で乳酸が蓄積してきて上がらなくなってそのセットを終了しても、30秒ほどの小休憩の後に次のセットを再開すると、また10~15レップスほど出来てしまい、それが何セットも続くので、いつも8セットくらいで終了しています。

 

トレーニング直後は(乳酸のせいで)だるく疲れているのですが、すぐに回復し、筋肉痛になることもなく、


「これは筋トレになっているのか?もしかして有酸素運動化してしまっているのかも?」


と自分の(筋トレとしての)トレーニング内容に疑問を持っています。実は職業柄、筋肉が付き過ぎないようにしたくて筋トレをやめていたのですが、yoshiさんの記事を読んで、

「自分が中途半端な計画で筋トレ(食事も含めて)していたから、筋肉が大きくなるばかりで、絞り切れていなかったのかもしれない。」

と反省し、もう一度理論的にキッチリと筋トレしてみようと思い立ちました。(現在の私は、180cm、71kgで、見た感じ普通に背が高い人、と言われます)。しかし、時間もないのでジムに行くことはせず(田舎なのでジムが遠いんです。)、特に体を大きくしたいわけでもないので、とりあえず自重でトレーニングすることにしました。

大きいとされる筋肉3つを中心に体を3分割して、3日で1周するようなメニューを組んでいます。ご飯は普通に3食です(定食くらいの量)。プロテインは飲んでいません。1回1回のトレーニングを集中して行っているつもりなのですが、トレーニング直後を除けば、いまひとつ効果が実感できない感覚です。


やはり自重のみで筋肉を追い込むのは限界があるのでしょうか?

乳酸が蓄積したから上がらなくはなるが、何セットもできてしまうような筋トレでは、有酸素運動程度の効果しかないのでしょうか?(単に私のトレーニング方法が悪いだけかもしれませんが。)私のトレーニング内容も文字だけでは伝わりにくいでしょうし、漠然とした質問になって申し訳ありませんが、何か自重のみで、習慣的に行っても効果的なトレーニング方法がありましたら御教授頂けないでしょうか。
 

 

それから「筋肉が絞れている状態」というのがあるとしたら、それはどういった状態で、その状態にするにはどのようなトレーニングをすれば良いのかも教えていただけないでしょうか。(これは、私の頭の中で、筋肉を「大きくする」ことと「(細く)絞る」ということが別物として存在すると考えているからです。

もしかしたら、筋肉は萎むか太くなるかのどちらかで、「絞れた状態」とは単に脂肪が少なくて全体として体が絞れているだけなのかも知れません。だとしたら、訳のわからないことを言いまして、申し訳ありません。)

付け加えますが、私の現在行っている程度の筋トレでは、yoshiさんが行ってらっしゃる筋トレのようなトレーニング後の脂肪燃焼効果は期待できないと考えていますので、筋トレ後に有酸素運動を40分ほど(毎日)行っています。

長々と書きまして申し訳ありません。お忙しいとは存じますが、これからもお身体に気を付けて、楽しい記事を書いて頂けますと幸いです。 では、失礼致します。

 

~ここまで~

 

 


higeさん、はじめまして。こんにちは。いつも楽しみにしてもらっているようで。ありがとうございます。早速ではありますけどアドバイスさせてもらいますが、、とその前に。


文面から感じたことで、トレーニングとダイエットに関して少し、誤解してらっしゃるかな?と感じるところがいくつかありますので、いただいコメントを引用しながら少しずつすべての質問に答えていきますね。

あまり細かく書くとかなり長くなってしまいますので駆け足で“サラッと”書いていきますのであらかじめご了承くださいませ。まずは乳酸について。



>10~15レップス近辺で乳酸が蓄積してきて上がらなくなって・・・

>トレーニング直後は(乳酸のせいで)だるく疲れているのですが・・・

>乳酸が蓄積したから上がらなくはなるが、・・・

と乳酸について悪いイメージが一般的にあり、またhigeさんもあまりいいイメージを持っていらっしゃらないようですが、“必ずしも悪いことばかりではではありません”。

乳酸レベルの高い状態にも利点があります。

あまり詳しく書くと長くなってしまいますし、かなり専門的な話になってしまいますので簡単に書きますね。確かに筋肉の収縮を妨げ、筋力を弱めますがこの収縮を妨げるものは乳酸だけではないことも覚えておいてください。

それで乳酸レベルを上げることの利点ですが、“成長ホルモンの放出に強い影響を与える”と言われています。そしてそれによる


“脂肪の分解”

“体脂肪の燃焼”


“筋肉の成長”


というメリットがあります。ですので必ずしも乳酸が悪いもの、ありません。

すこし話はそれてしまいましたが、ここで私が言いたかったことはhigeさんからいただいたコメントの中に“乳酸”の登場する回数が多く、あまりいいイメージを持っていないようでしたので少し書かせてもらいました。



Q
>私は、基本的に自重のみで筋肉を追い込もうと、超スローな筋トレをしているのですが、10~15レップス近辺で乳酸が蓄積してきて上がらなくなってそのセットを終了しても、30秒ほどの小休憩の後に次のセットを再開すると、また10~15レップスほど出来てしまい、それが何セットも続くので、いつも8セットくらいで終了しています。



A
これは決して珍しいことではありません、特に初心者の方や女性の方は。まだ、筋量も少なく、尚且つ筋肉と神経の連携もよくないので、“高い強度”でトレーニングすることは難しいからです(筋肉を追い込むことが)。

ですので少し休めばすぐに回復して何回かまたレップスをこなすことができ、何セットか行うことが可能なのです。とはいえ・・・

一般的には、もし同じ負荷でトレーニングをしているなら


普通はセットが進むにつれ、レップスは減っていきます。


しかも、“8セット”もほとんど同じレップスを繰り返すことがもしできるようならば、それはむしろ“精神面”の影響の方が大きいのかもしれません。アップがおわり“本番セット”に入ったらもう少し集中力を高めて、“最高記録(レップスの)”を出すつもりでやってみてください。





Q、
>トレーニング直後は(乳酸のせいで)だるく疲れているのですが、
すぐに回復し、筋肉痛になることもなく・・・・


A,
筋肉痛ですが、以前にも言いましたが必ずしも“筋肉痛がなければ効果がない”ということはありませんので、今はまだ、あまり気にしないようにしてください。

それに筋肉痛は次の日か、またはそれ以降に起こるものですので、“トレーニング直後”
ではありませんからご心配なく。





Q,
>「これは筋トレになっているのか?もしかして有酸素運動化してしまっているのかも?」と自分の(筋トレとしての)トレーニング内容に疑問を持っています。


A、
これに関しては筋トレか、有酸素運動か、といえばどちらかといえばもちろん“筋トレ”になっていると思いますよ。12~15レップスしかできない、“負荷”であれば問題なく“筋トレ”だと思います。

やや、1つの種目に対してのセット数が多いので、もう少し“強度を高め”て、“セット数を減らして”みてください。






Q,
>実は職業柄、
筋肉が付き過ぎないようにしたくて筋トレをやめていたのですが、yoshiさんの記事を読んで、「自分が中途半端な計画で筋トレ(食事も含めて)していたから、筋肉が大きくなるばかりで、絞り切れていなかったのかもしれない。」と反省し、もう一度理論的にキッチリと筋トレしてみようと思い立ちました。(現在の私は、180cm、71kgで、見た感じ普通に背が高い人、と言われます。)



A,
これに関してはちょっと待ってください(苦笑)。

>実は職業柄、筋肉が付き過ぎないようにしたくて

>自分が中途半端な計画で筋トレ(食事も含めて)
していたから、筋肉が大きくなるばかりで・・・

とありますが、そんなに目に見えてマッチョになることはありませんし、ましてや“中途半端な計画で筋トレ食事をしていたら”筋肉もつきづらいですよ。^^;

確かに初心者の方は長年トレーニングを積んでいる人よりは成長がはじめのうちは早いですが、それが10人がみて、10人とも気づくような“劇的な成長ではありません”ので(中には目に見えて変わる人も意外といたりしますが)、質問ではありませんでしたが、少し気になったこと、として書かせてもらいました。




Q,
>絞り切れていなかったのかもしれない。」と反省し・・・


A,
とありますが、基本的にダイエットにおける筋トレで“筋肉を絞る”という考え方はあまりしません。

きっと、higeさんは筋トレによる筋繊維の破壊後の修復の過程に必要な“カロリー消費”
をターゲットに筋トレをしていることと思いますが、基本的には筋トレ自体が“直接脂肪を燃焼させるもの”ではありません
ので注意してください。





Q、
>1回1回のトレーニングを集中して行っているつもりなのですが、トレーニング直後を除けば、いまひとつ効果が実感できない感覚です。

 

A、
これに関してですが、“トレーニングの効果”はたいていの場合“何日かあと”または“一ヵ月後、二ヶ月後”に現れるものです。特に見た目では”

“トレーニング直後”にははっきりした効果残念ながら見られるものではありません。


肉体的な疲労感から来る“精神的な満足”“効果”違いますのでこれはしっかり確認しておいてください。

 

“効果とは”レップス数、扱う重量、見た目、体重の変化、体脂肪率の変化・・・etcから推測されるものです。





Q,
>やはり自重のみで筋肉を追い込むのは限界があるのでしょうか?




A,
“筋肉を追い込む”ことは自重であろうが、ウェイトを使おうが、それはたいした問題ではありません。むしろ、“精神的なこと”の方が関係しますし、そっちの方が重要です。

ただ、やはり目的や理想から見て、それに“必要な筋肉の追い込み”をするには、時には自重だけでは足りないことはあります。

なぜなら、結局は自重であろうが、ウェイトを使った自重よりも重い負荷を使ったトレーニングであろうが、“必要に応じた負荷”にしか、体は対応(適応、反応)しないからです。

つまりTシャツを着たときに「あ~、この人トレーニングしている人だな、これぐらいの胸板や腕があったらいいな~」と思ってもらえるような体を目指すのであればやはりそれに見合った“負荷”が必要ということです。

そう、そんな体を作りたい場合ははおそらく自重だけでは足りないかと・・・。


ただし私は自重で行うトレーニングでも一般の何もしていない人に比べればしっかりした体はつくれるかと思っています。私が初心者に薦めるのはまずは“自重トレーニング”
です。(スポーツクラブに通える人はこの限りではありません。)

これをしっかりやることです。

ここで、基本の筋力と筋肉を付けることです。



そして自重でかなりの回数(レップス)が

できるようになり、“その結果得た体”より

“さらに筋肉を付けたいなら”そのときが

“自重トレーニングの限界”

でしょう。




Q,
>何か自重のみで、習慣的に行っても効果的なトレーニング方法がありましたら御教授頂けないでしょうか。



A,
自重トレーニングの基本はやはり、腕立て伏せ、懸垂、腹筋、背筋、ヒンズースクワット、かかと上げでしょう。これを基本にしてそれぞれに“いろいろなバリエーションを組む”ようにしてみてください。

腕立て伏せなら、

“手幅”

“体を下ろす位置”

脚を台の上に乗せて角度をつける”

“高さ10cmぐらいの本の束(何でもいいのですが)を両手の下に置き、体をより深く下ろせるようにする”また、もっと強度を上げたいのであれば、


“片腕腕立て伏せ”もあります(きついですよー(笑))。


本来ならこれにダンベルを加え、肩、腕も鍛えるのが理想です。しかし、ダンベルを使うことはいただいた質問からはやや外れるかな、と思い省きました。


※自重の胸トレではこんなのもありますよ。


典型的な自重トレのチンニング





Q,
>それから「筋肉が絞れている状態」というのがあるとしたら、それはどういった状態で、その状態にするにはどのようなトレーニングをすれば良いのかも教えていただけないでしょうか。



A,
基本的にあまり“筋肉が絞れている状態”という表現は使いません。ただ、筋トレをすることによって筋肉の中にある脂肪が少なくはなります。要は“霜降り肉”から“脂の少ない赤身”になるということですが。

ですが、あまり“筋肉を絞る”という考え方は一般的ではありません。ボディービルダーのレベルでは“密度の高い筋肉”という表現を使い、それが“筋肉を絞る”に近いかな?と思いますがそれは一般のトレーニーのレベルの話ではありません。





Q,
>付け加えますが、私の現在行っている程度の筋トレでは、yoshiさんが行ってらっしゃる筋トレのようなトレーニング後の脂肪燃焼効果は期待できないと考えていますので、筋トレ後に有酸素運動を40分ほど(毎日)行っています。




A
確かに一回のトレーニングでの“消費カロリー”や“筋肉の破壊の割合”という面で、初心者の方は筋トレ後のカロリー消費は少ないと思いますが、意味のないことではありませんのでぜひ続けて欲しいです。有酸素運動ももちろん続けてみてください。

ただし、筋トレも有酸素運動も体を壊さないよう注意してやってくださいね。

>長々と書きまして申し訳ありません。お忙しいとは存じますが、これからもお身体に気を付けて、楽しい記事を書いて頂けますと幸いです。 では、失礼致します。

 

ご丁寧な、お気遣いのあるメールありがとうございます。



~~

~~





今回のメインはタイトルの“自重トレの限界”でした。

今回のhigeさんはそんなに大きい体を目指しているわけではなく、文面から今は“ダイエットの為”にトレーニングをしているようですので、記事にはあまり筋肥大と言う観点かの“自重トレ”については詳しく書きませんでした。

ですので少し補足として聞いてください。

 

基本的に体は負荷に対応した形でしか筋肉を付けてくれません。

必要に迫られたその結果、筋肉を付けます。


強い負荷(重い負荷)には筋肉を付ける(筋肥大)という形で適応、対応します。例えば、“腕立て伏せが100回できるような体”を持っていてその体は“50回できる体”とそんなには変わらないのですが、しかし、ベンチプレスを


“50kg挙げる体””100kg挙げる体”

“かなり違う”ということです。


これが“筋肉を付けていく基本的な考え方”です。回数ではなく強度”なのです(腕立てが“5回しかできなかったときの体”と“50回できるようになったときの体”もちろん違いますが、、、あくまでも一般的な“考え方”では、ということです)。

最短距離で合理的に自分の理想の筋肉を付けていくには今現在より少しずつ“強い負荷”でトレーニングしていくことが大切です。そして、自重でトレーニングをしていて自分の理想には“もう少し負荷が必要だ”と思ったそのときが


“あなたの自重トレーニングの限界”


なのです。





<みなさんへ>

体づくりには、多少時間がかかるものです。特に多くの男性が求めるような筋肉を付けることは、1、2ヶ月でできるようなものではありません。ですので、あせらず、“毎回、レップスが伸びることや、扱う重量が伸びることを楽しみながら続けていくようにしましょう。

また、“運動そのものを楽しんで”うまく“生活習慣に取り入れて”続けるようにしてくださいね。

応援してます。

それでは長くなりましたが今回はこのへんで。

ここを押してもらえると記事を書く励みになります。よかったら
応援クリック(人気blogランキング)よろしくお願いします。
またそのほかのダイエットに興味のある方もどうぞ。

--------------------------------------------------------------------------

≪最近アップした動画≫

低脂肪高たんぱくタンドリーチキン!
http://youtu.be/Q8DYrrD8qdA


--------------------------------------------------------------------------

≪yoshi's Body 動画≫

yoshiの腹筋
http://youtu.be/4qrUWyw9egI

yoshiの背筋
http://youtu.be/yPaxJvGcToM

--------------------------------------------------------------------------

≪その他のエクササイズ動画≫

腹筋エクササイズ動画(ニーアップ)
http://youtu.be/uYu7GZhjqVc

大胸筋エクササイズ動画(ディップス)
http://youtu.be/DszxQnZ5WwU

背筋エクササイズ動画(チンニング(懸垂)
http://youtu.be/Si3hW7dq52k

背筋エクササイズ動画(デッドリフト)
http://youtu.be/ffp7dy--oCM

腕のエクササイズ動画(EZバーカール)
http://youtu.be/4s8kyA5WfR8

--------------------------------------------------------------------------

≪筋肉は付くけど脂肪は付かない食事 Cool Body Meal!≫

鍋動画 
http://youtu.be/JobseokRJVU

特製プロテインシェイク動画
http://youtu.be/qYQi6IE9lbg

低脂肪高たんぱくタンドリーチキン!
http://youtu.be/Q8DYrrD8qdA

--------------------------------------------------------------------------

≪商品一覧≫

『筋トレ大百科』
↓  ↓  ↓
http://kintore-daihyakka.com/fr/

『~THE SHOT~』
↓  ↓  ↓
http://mensdiet-yoshi.com/shot/shot.htm

『腹筋RED』
↓  ↓  ↓
http://fukkin-real.com/

--------------------------------------------------------------------------

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70445/4352777

この記事へのトラックバック一覧です: 自重トレの限界:

» 自重トレーニングで負荷を増やす方法 [からだを考える。ダイエットとトレーニング。]
家で何も使わずに筋トレして、でも筋肉はつけたい。そう思う人は多いでしょう。 【M... [続きを読む]

受信: 2005.06.02 12:16

» 祝!2005年度ダイエットスタート [めざせ!6つに割れた腹筋!リーマンダイエット!!]
はじめまして、トラックバック失礼します。 自身も、夏に向けて奮闘中です。ゆきずまった場合等質問等させていただきますので 宜しくお願いいたします。 [続きを読む]

受信: 2005.06.05 20:03

コメント

 yoshiさん higeです。
回答ありがとうございました。
昼休みにyoshiさんのブログをのぞいて見たら、ちょうど回答して下さっていたので、一気に読みました。また後でゆっくり読み返したいと思います。
 先日書き込ませていただいたときに、ひとつ失言というか、私の本意でない事を書いてしまって、誤解されたかも知れないと気になっていたことがあります。『職業柄、あまり筋肉を付けたくない』という下りなのですが、私の職場は結構な田舎にあって、構成している年齢層も高く、職場内で身長が高い人間が私だけなのです。(180cmは、一般的に見たら、そう高いほうでもないかもしれませんが。)というわけで、制服が特注で、これ以上またサイズが変わって制服作り直しとなると、担当者に言いづらいなー、と本気で悩んでいたのです。
 正確に言うなれば、『職場柄』だったかも知れません。くだらなくてスミマセン。
 しかし、自重トレ程度なら、そんなに筋肉がつくことはない、というか、難しいということが自分の中ではっきりしましたし、トレーニングに対する集中力もまだまだであることも自覚できました。とにかく、今の環境でできる範囲のトレーニングを続けようと思います。
 そのほか、今回yoshiさんが教えてくださった事のおかげで、自分が勘違いしていたことや勝手に思い込んでいたことも解決できたと喜んでいます。私がしたようなピントがずれた質問について答えられる書籍とかは、なかなかないですよね。
そう言った意味でも、このブログは希少であると思います。
 それから、ここに書き込みに来られる方々は、どなたも目的に応じてトレーニングについて考察しておられて、その質問内容+yoshiさんの回答は本当に勉強になります。それに、皆さんとても礼儀正しいですよね。いろんな意味でクオリティーが高いですよね。
 最後になりましたが、私のようなトレーニングについて訳のわかっていない者の質問にも丁寧に答えて下さって本当にありがとうございました。今後はあまり恥ずかしい質問をしないように、しっかり勉強していきたいと思います。
 yoshiさん 今後ともお身体に気をつけて、無理のない範囲で楽しい記事を書いてください。
私もしっかり勉強させていただきます。(またコメントが長くなって、申し訳ありません。)

投稿: hige | 2005.05.31 13:48

Yoshiさん、こんにちは!
今回の記事もとても勉強になりました!

この間の書き込みで、肝心な事を言い忘れてました・・・Yoshiさんのブログで勉強させてもらって、順調に減量できていて、一言「ありがとうございます」とお伝えしたかったのです。
一番大事な事を書き忘れました(^^;)。

ところで今勉強のためにいろいろなウェイトトレーニング関連の本を読みまくっているのですが、よく「Lean Mascle」って表現が出てくるんですよね(在米です)。
Lean Mascleってどういう筋肉~???って疑問だったのですが、今回の記事でやっと意味が分かりました!
ほんとにYoshiさんのブログは情報満載です。

これからも更新楽しみにしております、頑張ってくださいね!

投稿: だりあ☆ | 2005.05.31 20:15

>higeさん
>だりあさん

お褒めのコメントありがとうございます。

お二人とも非常に丁寧で、
ブログを運営するものとしてとてもうれしいし、
ありがたいです。

お二人ともこちらこそこれからも
よろしくお願いします。

いつでも遊びに来てくださいね。

それではまた。^^

投稿: yoshi | 2005.06.01 11:55

yoshiさん、こんばんわ^^

先日はコメントありがとうございました。

今日の自分のブログでも書きましたが、
少しトレメニューを変更してみました。
「胸・二頭筋」「背中・三頭筋」「肩・腹筋」「脚・下背部」ってな感じです。

一日で行う部位が少し減りますので、
その分強度を上げてトレしていこうと思ってます。

しばらく様子みながら頑張ってみますね^^;

報告まででした。ではでは。
恒例の「ポチッ」としておきました^^

投稿: Dryman | 2005.06.04 23:02

yoshiさん、こんばんは!
すみません、こちらの記事の内容とは
全く関係のない話題で申し訳ないんですが、
応援ありがとうございました^^

結果は残念でしたけど、
yoshiさんのこのブログと出会ってから、
トレーニングのモチベーションは、
それまでとは比べものにならないくらいかなり上がりました。

今後しばらくはバルクアップしていきます。
再度yoshiさんの記事を読んでおさらいしていきたいと思います^^

いよいよ夏ですね。
腹筋が割れたままの状態をキープしておきたいです(笑)

投稿: ぎゃん | 2005.06.05 22:05

Yoshiさん、何度もコメントつけてしまってすいません。
メールで・・・と思ったのですが、探せないのでこちらに書き込ませていただきます。

私も少し前からダイエット日記ブログをつけていまして、すこ~しづつですが覗いてくださる方も増えてきました。
そこで、日記で是非Yoshiさんのブログを紹介させて頂きたいのですが、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?(何だか日本語が、変ですね・・・すいません^^;)
お忙しいとは思いますが、宜しくお願いします。


投稿: だりあ☆ | 2005.06.07 17:44

>Drymanさん
こんにちは。
そうですね。
トレーニングメニューを変える、
つまりいい方に進化させることはとてもいいことですね。
私はもう何年もトレーニングしていますが、
未だに”これこそ私にあったメニュー”と言うものは存在しません。
やはり自分の弱い部位を発達させることを
メインにしたメニューになりますので、そのときによって結構変わったり、また忙しくてトレーニングができないときは、できるときに結構まとめてやったりしています。でもさすがに
まとめてやると後半ではスタミナが切れていしまいますね。^^;
これからも応援してます。ご報告ありがとうございます。^^
ではでは。^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぎゃんさん
こんにちは。
わざわざありがとうございます。^^
ぎゃんさんのブログにもコメントさせてもらいましたが、
やはりボディービルダーにとって”オフ”はとても大切ですので、怪我に気をつけてこれから
次の7ヶ月間を有効に使って”バルクアップ”
してください。
また遊びに行かせてもらいますね。
ではでは。^^

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

>だりあさん
こんにちは。
どうぞ、どうぞ、こちらこそよろしくお願いします。!!
後ほど私も遊びに行かせてもらいます。
ではでは。^^

投稿: yoshi | 2005.06.08 10:19

yoshiさん、はじめまして。私は37歳の男です。質問させてください。自宅でダンベルや自重トレなどをしております。昼間はほとんど体を動かさない為、朝、昼は食事をしません。その代わりにザバスのプロテインを朝、昼に豆乳で飲んでおります。夜は普通に食べ、ウォーキング+ジョギングを小一時間しております。このような食生活でも筋肉を付けることはできますでしょうか?

投稿: ぶたきむち | 2005.06.22 22:35

>ぶたきむちさん
はじめまして。
やはり目的にもよりますが、
いただいた内容から単純に判断しますと、
よほどの初心者でない限り難しいと思いますよ。
食事が少なすぎるかと、思います。

その辺りはこのブログにトータル的に書いてありますのでお時間のあるときにこのブログの今までの記事を読んでくれたらと思います。

それでは。

投稿: yoshi | 2005.07.02 13:29

始めまして、最近このプログを知り筋トレについて興味が!
超初心的な質問ですが、聞いて貰えるでしょうか?
実は私、65歳の半ばなのです。
去年の9月頃、尿の出がおかしいので秘尿科の病院へ!
前立腺肥大だと言われ、薬の投与を受けています。
その内、前立腺肥大もだけど「糖尿」の数値が高すぎるよと言われ
糖尿の薬も。

建築設計の仕事を自営でしていた私は、
スポーツは何一つせず!
無類の酒好きで、夜は付き合いの無い時でも3~4合に
ビール2~3本と昼はビールを2本程度
毎日欠かさずに飲んでいました。
時には二日酔いだと朝から飲み、調子に乗るとそのまま夜まで。

その後生活習慣を改善して、酒は余程の事が無い限り夜だけにして!
焼酎のお湯割りを薄めにして一杯だけ。
食事も控え目で、太極拳を週一度習いに行き!
温水プールで週1~2回歩き、寝る前に20分程室内で歩き
30分程度簡単な筋トレ。
3ヶ月ほどして医師の先生から100点満点だと言われ
糖尿の血糖値は122に、HbA1cは5.2%に下がりました。

現在は身長162センチ、体重は61キロです。
食事制限や運動をする前は、体重70キロで腹周りは90センチでした。
今は腹周りも79センチにまで落ち、皮がたるんでしまいました。
若い頃は長く柔道をやっていたので、それなりの筋肉は有りましたが!
設計士として重い物も長年持たず、筋肉が衰えていました。

このプログを拝見するまで知らなかったので
ダンベルは2キロも物を両手で持ち、運動をしていました。
でも最近胸の張りが少しですが出てきました。
このプログを知った以上、本格的に筋トレに励みたい気持ちに成り
長々と質問を書いてしまいました。 無粋だと思いますがお許し下さい。

結論
66歳に近い今からでも挑戦したいのですが、
筋トレをして筋肉を大きくするのは可能でしょうか?

もし可能で有れば、自宅でしたいので
まずはどれぐらいの重さのダンベルと何を買えば良いのか?
力にはいささか自身が有ったのですが、今ではもう(笑)

炭水化物や等質等の食事を多く取れとの事のようですが、
糖尿の再発に炭水化物や糖を控えている現状!
そこの兼ね合いをどうすれば良いのか? 頭を悩ませています。

駄目だと言われても気にしませんから、
包み隠し無くはっきりとご回答下されば有りがたいです。
初歩的な質問で申し訳ございません。

投稿: 康之 | 2009.05.17 12:07

康之さん、

yoshiです。

コメントありがとうございます。

先ほど、

メールさせていただきましたのでそちらを確認ください。

よろしくお願いします。

投稿: yoshi | 2009.05.24 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)