« ダイエット。今あなたのいる場所は? | トップページ | 筋肉を付けるには・・・が大切です。 »

2007.06.16

野獣?理性?

こんにちは。

ボディーコーディネーターのyoshiです。





いきなりですが、
あなたはトレーニングをするとき、

野獣のようにワイルド

にトレーニングしますか?




それとも




しっかり、

筋肉に意識を集中し、それを感じ、

効かせること

を念頭にトレーニングをしますか?






また、一体どちらが

”筋肉を効率的につけるために必要な刺激を得ることができるトレーニング”

なんでしょう?







質問をいただきました。





今日は、
ちょっと初心者の方よりは、
中級者の方向けのマニアックなお話です。

~質問~



yoshi 注)
ポイントとなるところは太字や赤字にしてあります。

yoshi様。

約2年ぶり位の更新、おめでとうございます。

中々、更新をされていなかったので、とても気になっておりました。



今回、yoshiさんにどうしても質問をしたいことがありまして、
もし宜しければ、ブログやメールにて回答を頂けると有難いです。



まず、自分が

目指す体は、ボディビルダー体型。

でっかい筋肉をつけたいのです。



トレーニング暦が、5年


で、

大体のフリーウエイトのフォームや効かせ方はマスター

をしました。




次の段階にはいりつつ、悩みが出ました。



それが、

「ストリクトフォームの場合、

筋肉に効かせようと思うと、中重量でしか効かせられない。」






高重量(8レップが限界)の場合、


あげることはできるが、

筋肉に効かせられない。

ただ上げ下げをしているだけ、

という点で悩んでおります。



ストリクトにすると、
確かに筋肉をコントロールができる重量でやるので(12回程度)
筋肉に効かせることができますが、
そのトレーニングを
3ヶ月程度やっても、使用重量があがってこないんですね。




反対に、
使用重量を上げることを意識すると、
反動を使っているのか、挙げることができますが、
筋肉に刺激がいかないのです。




そのいい例が、バックプレス。

20キロのオリンピックバーのみでバックプレスを行うと
30レップ程度できますが、
肘から挙げるように意識をして、三角筋に凄く効くのです。


次に、5キロプレートを両サイドにつけ30キロでやると、
挙げることはできるのですが、肩に刺激が入らない。

挙げることに意識がいってしまっていて・・・。


筋肉の発達には、オーバーロードの原則があります。


色々と考え、試して見ましたが、
ここ6ヶ月の間、体型の変化も無く、悩んでおります。



お忙しいと存じます。

お暇な時で結構ですので、アドバイス頂けないでしょうか?


M.M




yoshi 注)
実名でいただきましたが、
イニシャルに変更させていただいております。




質問ここまで~










【野獣? 理性?】



~回答ここから~



Mさん、

こんばんは。

回答遅くなってすみません。

本当、けっこう忙しくて。

ブログも見てもらえれば分かると思いますが、
再開したとはいえ更新もあまり頻繁には出来ていません(苦笑)。

本当はもう少し頻繁に更新したいんですが。


あと、とてもいい質問だったので
回答するならしっかりと回答したいとおもい、
まとまった時間が取れたときに回答しようと思っていました。



こういったマニアックな質問は正直うれしいです。(笑)




さて、早速ですが回答です。

参考にしてください。





>  まず、自分が目指す体は、ボディビルダー体型。
>  でっかい筋肉をつけたいのです。


そうなんですか、
では、ハードトレーニングが必要ですね。^^












>  トレーニング暦が、5年で、大体のフリーウエイトのフォー
> ムや効かせ方はマスタをしました。




おー、いいですね。^^ すごい。








>  次の段階にはいりつつ、悩みが出ました。
>
>
>  それが、「ストリクトフォームの場合、筋肉に効かせようと
> 思うと、中重量でしか効かせられない。高重量(8レップが限
> 界)の場合、あげることはできるが、筋肉に効かせられない。
> ただ上げ下げをしているだけ」という点で悩んでおります。
>
>  ストリクトにすると、確かに筋肉をコントロールができる重
> 量でやるので(12回程度)筋肉に効かせることができますが
> 、そのトレーニングを3ヶ月程度やっても、使用重量があがっ
> てこないんですね。
>  反対に、使用重量を上げることを意識すると、反動を使って
> いるのか、挙げることができますが、筋肉に刺激がいかないの
> です。
>
>
>  そのいい例が、バックプレス。
>
>  20キロのオリンピックバーのみで、バックプレスを行うと
> 30レップ程度できますが、肘から挙げるように意識をして、
> 三角筋に凄く効くのです。
>  次に、5キロプレートを両サイドにつけ30キロでやると、
> 挙げることはできるのですが、肩に刺激が入らない。挙げるこ
> とに意識がいってしまっていて・・・。






このやや低レップスにすると、
筋肉に効いているのか分からなくなる、

あるいは、

意識が効かせることから、挙げることにうつってしまう、

っていうのは
一生懸命筋肉を付けようとハードトレーニングしている人は、
みんな通る道です。

まあ、みんなってことはないでしょうが、
ほとんどの人が一回は考えるんじゃないでしょうか。



私でさえ、未だに考えさせられることがあります。






ただ、一つだけ言えることは、
たしかに、ややレップスが多い方が筋肉を

”感じやすい”

です。


これに異論のある人はいないと思います。





でも問題は、

感じやすいからといって、それが筋肉の発達に

”最適な刺激か?”

っていったら必ずしもそうではありません。






またその逆も然り

です。





というのは、

筋肉が反応するのに最適なレップス数は

人によって様々だから。








ある人は、

パンプが得られる、
バーンが得られる


これぐらいのレップスが(中程度の重量、10~15レップスあたり)

が、一番反応する、

と言い、





ある人は、

5~8レップスがよく反応する、

と言います。



ただ、
一般的によく言われているのはやはり

8レップス前後、

ってことですよね。










で、

話は戻って、

Mさんは

最近、12レップスぐらいで反応が得られていない、

ということなんで、

8レップスあたりで限界となる高重量で試されているようですが、

その8レップスで効かせるのが難しいわけなんですよね。






じゃあ、どうすればいいか?、

または

理想は?

ということですが、それは・・・、





・・・、





・・・、





・・・、








6レップスから10レップスぐらいで、筋肉に効かせつつ、

その重さから得られる

”最大限の刺激”


を得ることができるようになることを常に意識してトレーニングをする、

また、

そういうトレーニングができるように

練習し続ける、






ってことです。






これすごく大切なんでもう一回言います。








6レップスから10レップスぐらいで、筋肉に効かせつつ、

その重さから得られる

”最大限の刺激”


を得ることができるようになることを常に意識してトレーニングをする、

また、

そういうトレーニングができるように

練習し続ける、





です。









しかし、


しかしです、



頭でそんな理論的なことばかり考えていてもダメです。





上記のようなことを頭のどこかに置きつつ

”野獣のようにレップスを繰り返すんです。(笑)



(笑)マークつけたからってジョークじゃないですよ。(笑)



ホントです。



野獣と理性の共生。






6~10しかできない重量でも
最大限の刺激を得れるように意識しつつも、

”野獣”

でレップスを繰り返す。



そのようにトレーニングをしてください。


毎回のトレーニングが常に勉強です。


いつも意識する、という冷静さと、理性

そして、

まったくその反対のように思える、

野獣のようなワイルドさ




それを共存させていけば、
筋肉を発達させるための刺激を与える

”ウェイトトレーニングの質”

は、日々向上していきますよ。



そして、それが
やがて食事や休養と合わさって
体は確実に変わっていくんです。


しかも、

そのスピードは他の人と比べて早く、

です。


もちろん、言葉で書くほど簡単なことではありませんが。












さて、上のことを理解した上で、

私からの具体的なアドバイスです。

どんな感じでトレーニングを進めていくか。




一つの提案です。

しばらくやってみてください。




最初の本番2セットぐらいは高重量で行い

(5~8レップス)


でおこない、

次の本番2セットは中重量

(9~15レップス)


でやる、


こんな感じです。



まあ、特に斬新な方法でもないですが。




ただ、先ほど言ってきたことを踏まえながらやれば、
Mさんのトレーニングは、
ジム内にいるその他大勢の初心者~中級者人たちとは

”一味違った質”

にはなるかと思いますよ。



なぜなら、
ほとんど多くの人が片方しかしていないから。













で、話は戻って、

5~8レップスのセットでは

野獣 7割、 理性3割 

挙げ重視






9~15レップスのセットでは

野獣 5割 、 理性5割

効かせ重視




こんな感じでしばらくはやってみてください。






ただ、本番を4セットもやるので
毎回補助つけてフォースドレップスをするようなことは
しないほうがいいです。


ポジティブフェイラー。

自力での限界。



それで十分です。














>  筋肉の発達には、オーバーロードの原則があります。>
>  色々と考え、試して見ましたが、ここ6ヶ月の間、体型の変
> 化も無く、悩んでおります。




さて、これについては

トレーニングがしっかりしたものであるなら、

っていう大前提がありますが、

それでも、6ヶ月も体が変わらないのであれば
それはやはり食事に問題があるのでしょう。


体重が変わらない、
扱う重量も伸びがない、

のであれば、食事の問題です。


あと一つ考えられるのは、


”休養が足りない”

ってこともあるでしょうが、Mさんのレベルではまずないでしょう。



ですのでトレーニングがしっかりしたものであるなら食事です。


たぶん食事の可能性のほうが大きいかもしれません。


食事の大切さについて
以下の話を聞いて下さい。





~回答ここまで、次回に続く~




~~~



~~~



~~~







と、まだ回答は続きますが、
長さ的にもこのへんがちょうどいいでしょう。


とりあえず今日はここまでです。





で、記事はいかがでした?


ちょっと、
初心者の方や、女性にはついていけない話だったでしょ(笑)


でも、
真剣に日々トレーニングし、今より少しでも

”筋肉をつけたい”

って思っている人や、

それこそ

”ボディービルダーみたいにしっかりとした筋肉をつけたい”

って思っている人には参考になる記事だったと思っています。



そのほかの人、
たぶんこのブログを読んでくれている人の多くは

”やせマッチョ”

になりたい人が多いんじゃないかと思いますが、

そういう人たちも参考にしてください。


いや、本当はそういう人ほど
ちゃんとトレーニングするべきです。


それぐらいやってやっと、

”やせマッチョ”

のベースとなる筋肉が付くのですから。

それも

他のやせマッチョになりたい多くの人より早いスピードで。(笑)





今日書いたことのように、

野獣のようにトレーニングしたって簡単には

大きい筋肉にはなりませんかからご心配なく。







ではでは、今日はこのへんで。


また近いうちに続きは更新します。



また記事更新してほしい、という方は


ランキングのクリック、お願いします。









感想
や、応援メールなどは基本的に
コメント欄に送っていただいてかまいません。
(承認制になっています。)


質問意見、要望、個人的なこと
(つまづいているところ、うまくいかないところ、わからないこと)

に関しては
基本的にはこちらのメアドに送ってください

↓  ↓

mens_diet_coolbody@yahoo.co.jp




ただ、
大人としての最低限のマナーは守ってメールくださいね。

別に、堅苦しい、すごく丁寧なメールでお願いします、
って言ってるわけではありません。


文字のみのコミュニケーションです。

そのへんを理解していただいた上でのメールでしたら歓迎します。

あとは・・・、

・・・、

っと、
これ以上言わなくても分かりますよね。

分からない人はメールもコメントも送らないでください。(笑)

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70445/15419645

この記事へのトラックバック一覧です: 野獣?理性?:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)