« 本当のダイエット(適切な量) | トップページ | 本当のダイエット(適切な回数) »

2007.09.16

本当のダイエット(適切な時間、タイミング)


どうも、こんにちは。

ボディーコーディネーターのyoshiです。




連休の真ん中。

いかがお過ごしでしょうか?

私はこれ書いています。(笑)








なんかしょっぱなから、あれなんですけど、
今日は後ほどちょっと腹の立った話を少々聞いてください。





”言い訳“。


逃げ口上、

言い逃れ、

弁明、

正当化、


と言ってもいいです。


これについてです。

長くなるんで続きは編集後記で。










さて、今回は

”本当のダイエット”における五大原則の3番目、

”適切な時間”(適切なタイミング)

です。


“適切な
時間

って言えば、

「なんだよ、朝、昼、晩だろ。」

ってなかんじで、なんか簡単そうなんですけど、

”適切な
タイミング

っていうと、ちょっと複雑そうな感じがしません?


ですので、今日はその”ちょっと複雑そうなこと“についてのお話です。


実はこの

”時間(タイミング)“

とても重要です。

ダイエットにおいても、バルクアップにおいても。



この”時間(タイミング)“がいい加減だと、いくら、あなたが、
適切な食事を、適切な量、摂取したところで、
あなたの理想の体へ到達するのは難しくなるといわざるを得ません。

それを念頭に読んでください。











本当のダイエット


【適切な時間(タイミング)】






~スチュエーションによって変わる“タイミング”~



どうしてこの”時間やタイミング“が重要なのか。


体は栄養が必要なときと、そうでないときがあるからなんですね。



体を作る上で必要な時、
脂肪を落とすのに、必要な時。



それを決める基準て言うのは、あなたが、1日に、

どんなタイプの
”運動“

するのか、または、したのか

したんであればいつしたのか、

あるいは逆に

しないのか、しなかったかのか、

というものによって決まってくるんです。


これらが基準になります。




ですので、単純に
夜寝る前は食べない方がいい、
とか、
18時以降は炭水化物はダメ、
とか、
夕食はサラダ又は温野菜のみが良い、

とかは、
あまりに上記を無視した、単純すぎる話かな、とは個人的に思っています。

もちろん、世間一般的に、夜は活動量が減るわけですから、
言いたいことは分かるし、なんとなく、説得力があり、
多くの人が納得しそうな意見ではありますけど。












~二つの運動~



”どんなタイプの運動
”どんな“についてですが、これは代表的なところでは

”有酸素運動“



“無酸素運動”

があります。



これらの運動をいつする予定なのか、いつやり終わったのか、
これによってこの

”いつたべるべきか”

ということが効果的にするんであれば変わってきます。







ちょっと例を挙げて説明しますね。




例えば、

あなたはこれから有酸素運動をするとします。
(もちろんここでは”脂肪燃焼”のためです。)


さて、ここで突然ですが、質問です。


あなたはこの有酸素運をする前に





軽めの食事を摂った方がいいとおもいますか?



または



まったくなにも食事を摂らない方がいいとおもいますか?



どちらがより”脂肪燃焼効果を狙うため”には有効でしょうか?



3秒以内に答えてください。(笑)


はい、どうぞ。





3、




2、




1、





ブー(笑)。










答えは②。






これはけっこうみなさん知らないことではないでしょうか?



胃の中が空の状態で行うのがベストです。

と、一般的には言われています。しかしながら

そうではない、という意見もあることは予めお知り置きください。



なぜなら、
何かを食べてから行なえば、エネルギーとして蓄えられている脂肪を使わずに、
今あなたが食べた食物からエネルギーを使うので、
脂肪燃焼がされないからなんですね。



反対に、
おなかの中になにも入っていない状態で有酸素運動を行えば、
体は主な燃料源としてすぐに体に貯蔵してある”脂肪”を使い始めます。





有酸素運動の目的は脂肪燃焼ですよね。

なのにこの

“適切な時間(タイミング)”を知らないばかりに、
あなたがポジティブに、“正しい”と思って行なった運動が


実はまったく効果的ではなく、意味がないもの

になってしまっていた、なんてことにもなりかねないんですね。






逆に

ウェイトトレーニングのような筋トレをするのであれば、
その前には”ある程度しっかり”食べておかなければならないんです。

そして、筋トレの後も、です。


なぜなら、

ウェイトトレーニング(筋トレ)は
“強度”が高いからです。

そして

ウェイトトレーニングの目的は直接脂肪を燃焼させることではないからです。

強度が高く、強い力を発揮しなければならないんで、
その前にはしっかり食べておかなければ、もちません。


トレーニング後は、強度が高いことをして筋肉を
破壊したんですから、

修復のために食べなければなりません。


じゃないと、筋肉は破壊されるばっかりで、
小さくはなれど、発達(筋肉が付くこと)など望めません。








こういったことから食事を
”いつ摂るべきか”の”適切な時間(タイミング)”は
あなたの目的に多大な影響を及ぼします。




どんなタイプの
”運動“

するのか、または、したのか

したんであればいつしたのか、

あるいは逆に

しないのか、しなかったかのか、

によって決まり、それを知らないと、

効率的に筋肉を付けることも出来なければ、
脂肪を落とすことも出来ない、

筋肉を付けるため、ダイエットのため、


無駄な努力を重ね続ける、

なんて愚かなことになってしまいかねないんですね。






”適切な時間(タイミング)“

の重要性わかってもらえましたか?











~まとめ~



一見、だれでもわかりそうで、簡単そうな”適切な時間(タイミング)“は、
あなたが思うより、もう少しばかり複雑で、重要。


なぜなら、
”朝昼晩“という考え方だけでは、
ダイエットや体づくりにおいては、ややもの足りないし、
また
あなたが理想の体を作るためにしている運動も、
食べるタイミングを間違えることにより、
まったく意味をなさないものになることがあるから。




~~~




~~~






【編集後記】

以前、トレーニングをはじめたころは
ここに書いてあるようなことは全く知りませんでした。

私はダイエットのためにトレーニングをはじめたんではなかったんで、
どちらかといったら、この”適切なタイミング“を知らないが故に
なかなか筋肉が付かない、というタイプでした。

かなり遠回りをしたんですね。

でも、あのときこういうことを知っていれば
もっと早く理想に近づけていたと今では思います。

知識として知っていれば、多くの人が”言い訳“をせずに済むんじゃないかと。


で、

”言い訳“。



今日の冒頭の続きです。



これはですね、
最近ジムでよく顔を合わす人の話なんです。

二人いるんですが、二人ともここ半年ぐらいかな、頻繁に来るようになったのは。

私は二人ともよく顔を会わせるんで、挨拶したり、ときには会話もしますが、

この二人は別に友達同士じゃないです。







二人とも初心者のようで、お互いにトレーニングを始めて半年だそうです。



で、二人とも最初見たときから、
すごく真剣にハードにトレーニングをしていたんで、私は感心していました。



がんばっている人は無条件で応援したくなります。


でも、ここに来て、最近この二人、対照的になってきたんですね。



一人は黙々と向上心を持ってトレーニングしている。




で、もう一人は?


というと、


”ここに何しに来てんの?

“という感じ。



仮に前者をAさん、後者をBさんとすると、

Aさんには、
素直さや、謙虚さ、ひたむきさ、真摯な態度、
そして考えながらトレーニングしている、そういった姿勢が見えるんです。


なぜなら、彼はトレーニングについて知らないことは、
経験者に”しつこくない程度“にアドバイスを求めていますし、
そしてそれを取り入れ、試したりしているからです。



それに対してBさん。

まず、トレーニングについてあまり他人にアドバイスは求めていないようです。

まあ、これはその人の性格や、プライド、社交性とかいろいろなことがあるんで
何とも言えませんが、なんていうかトータル的な姿勢の問題です。




そして最近は、おしゃべりばかり。


スタッフと40分もお話。
(これは最近行くたんびです。)

トレーニングしたかな、と思ったら、今度はフリーウェイトエリア内で携帯で20分もお話。


「じゃあ、べつに彼はそんなにムキムキになりたいわけじゃないんだろ、
特に、筋肉を付けたくて来ているわけじゃなくて、
健康維持のために来てんのかもしんないじゃん。
または、社交場として来ているんだろ、ほっといいてやれよ。」

って言う人がいるかもしれませんけど、、

いいえ、違いますよ。



だって彼は1週間に5回、ウェイトトレーニングをしているし、
時にはボディービルダー顔負けの“追い込み”もしているし、
以前話したときは、山本“KID”のような体になるために来ている、
トレーニングをしている、とも言っていたし、
トレーニング中はアミノ酸やら、グルタミン、BCAAも摂っているんで。

そんな人がただ、ジムに社交の為だけに来ているはずがないですから。





で、なにより、その普段の行いが体に出始めて来ているんです。


Aさんは、最近少しずつですが、体つきが変わってきました。

特に腕なんかは明らかに以前より太くなったように感じます。

たしか、体重も6kg近く増えたって言ってました。



それに対してBさんは、というと
“全く“っていっていいほど変わっていません。

変わったのは肌の色ぐらいです。

一生懸命、夏なんで焼いてんでしょうね。



で、その彼がいつも私に”報告“してくるんですよ。


トレーニングをやらない”理由“を。




「いや~、昨日川に行って日焼けして背中が痛くて。
ベンチに寝るのも痛いんですよ。」

(すご~く痛そうな表情で)

だから今日はチンタラ、トレーニングをしている。



「昨日、胸のトレーニングで、
やったことない種目でメチャクチャ追い込んだから胸がすごい痛いんですよ。」

(すご~く痛そうな表情で胸を触りながら)



だから、今日はスタッフのお姉ちゃんとずっとしゃべっているんだ。






「なんか、昼頃から腹の調子が悪くて。なんなんですかね~。
悪いもんでもたべたのかな。」

(痛そうな表情でおなかをさすりながら)



『じゃあ、早く帰って薬でも飲んで安静にしたほうがいいでしょ、
トレーニングしてる場合じゃないでしょ。(苦笑)』
と私。





いや、全部ホントのことなんでしょうけど、だったら休みなさいよ、と。

そんなんでトレーニング来ても意味ないでしょ、と。


そんなんで来て、みんなが一生懸命やっているフリーウェイトエリア内で、
20分も携帯でしゃべっている。


あのー、これすごく非常識ですからね。
しかも、フリーウェイトエリアはそんなに広くないですし。
マナー違反です。

ってか、その前にいちいちチンタラトレーニングの”報告“を私にする必要ないでしょ。



いや、こんなことを言うと、
私がすごく心の狭い人間って思う人もいるかもしれないですけど、
私は彼がトレーニングをダラダラやっていることや、スタッフと1時間ものおしゃべり、

正直どうでもいいんです。


どうぞ、してください、って感じなんですよ。

あっ、フリーエリア内での長電話はさすがにやめてほしいですけど。


私が何が一番腹立つって、

おしゃべりをする理由やトレーニングをしない“言い訳”を私に報告することです。


いちいち報告するな、と。

それが

腹立つわけなんです。

自分がトレーニングをダラダラとやっている理由を
いちいち私に説明するんですね。



そうじゃなかったら別に腹立ちませんよ。

だって、スポーツクラブやジムは
多種多様な目的を持ってこられている方が多いんですから。


まあ、最初彼がんばってるな、って応援してたんで少し寂しい気もしますが。

それはそれ。





“言い訳”

なにも始まらないし、なにも解決しませんよ。

それに

すごく
かっこ悪いです。



ですので、お互いしないようにしましょうね。


ってことが言いたかったんですが、
ただ、腹が立ったことを聞いてもらいたかっただけ、
っていうのも無きにしも非ず(笑、許して)。



でもね、ホント
特にトレーニングは“口だけ達者”でもダメですからね。



だって、あなたのそのガンバリが
モロに体に出るわけなんですから。

見た目がすごい説得力を持っているんですよ。

口なんて全く通用しないんですよ。





例えば、他のスポーツで言うなら、
野球がうまくても、サッカーがうまくても、泳ぎが速くても、ゴルフが上手でも、
ほとんどの場合、その人にはじめてあったとき(見たとき)、
「あー、この人野球うまいんだ、サッカーうまそうだ。
泳ぐの速そう、パットアプローチがうまそう」

なんて、思わないし、分からないですよね。外見じゃ。



でも、ウェイトトレーニングの場合は分かるんですよ。



そのTシャツ姿、スーツ姿、タンクトップ姿、

「ああ、この人何かしら運動、トレーニングしてるんだな。スゲーガタイしてんな。」

って。


“体は口ほどにものを言う”

んですよ。


特にジム内では。


そういう中での言い訳の積み重ねって、みっともないったらありゃしないですよ。

ましては、いちいち報告するとなれば、痛々しさすら感じます。




~~~


~~~


~~~



と、いうことで、ちょっとハードな表現や、不快な言い方したんで、
よく思わない人もいるかもしれませんが、
でも私もこうやっていうことによって、
ある意味自分に言い聞かせていますし、
この感情から再確認できたことをあなたとシェアできたらと思い、
お話させてもらいました。


「yoshi、あんた、心狭いな、もう少し、彼の心情や、
彼がどうしてそういうことをアンタに言うか、考えてごらん、
そこが分かれば人間的に1段ステップアップするよ、まだまだ若いな。」

なーんて思う人、言う人もいるかもしれませんが、でも実際はそんなもんですよ。



こんなことには触れず、クールに自分の中にしまっておけばいいんでしょうが、

毎回、なんだかんだ“言い訳”の報告されると気分悪いですよ。



だって、こっちはポジティブな場に、
ポジティブな精神状態で、ポジティブなエネルギーをもらいに行っているのに、
思いっきりネガティブでマイナスない意味合いの強い
“言い訳”
の報告を聞かなければいけないんですから。


正直、彼とは話したくないです。

そんな感じです。



逆にAさんのように自分の理想を手に入れるためにがんばっている人は、
無条件で応援したくなります。


こういう人たちはまず、すごく素直ですね。

素直、っていうのは“人あたりがいい”ってこととはまた別の意味ですよ。

“好奇心や探究心”、

そのために、自分よりも経験と実績のある人にアドバイスを求める、

“知恵”を借りる、

そういう“素直さ”です。


しかも、ゴチャゴチャ言わず、もくもくと自分の理想に近づくためにがんばっています。

そして、なんていうか、

“ひたむきさ”

を感じるんですね。


“思い”

“想い”


が伝わってくるんです。


“エネルギー”

が伝わってくるんです。


その反対の人たちは、

この、ひたむきさや思いや、エネルギーが全く伝わってこない。

いや、ホント伝わって来ないんですよ。

同じトレーニングする場所で、トレーニングしているのに、全く
存在感がない

反対に、でかい声で存在感をやたrアピールしているのもすごく、引きますが。(笑)



これは、ホントすぐに分かります。

言葉じゃないんですね。






~~~



~~~









えー、
なんだか、やたらと無駄に熱く長く語ってしまいましたが、(苦笑)

私はあなたに

“言い訳大王”

には絶対になってほしくないな、

とおもい、このトピックを書きました。



“言い訳“。

これは、ホントみっともないんで、
どうかせずに、やることをやって結果を体に出してほしいな、と思っています。

あなたのそのひたむきさと、真摯な取り組みを続けると、必ず
結果として効果が体に表れて来ますんで。


まあこんな心の狭いわたくしではございますが、
これから記事を待ってるよって思ってくれる人は

こちらをクリックして応援

 

よろしくお願いします。



ではでは、今回はこのへんで。

次回またお会いしましょう。

それでは。




P.S

昨日は温泉(スーパー銭湯)に行ってきましたよ。
なんだかすごくリラックスしたくて。

いいもんですね。

全部で八つかな、八種類の風呂と、二種類のサウナ。

そのうち温泉が二つ。

15時ごろに行ったんで、すいてたし、まだ明るかったんで、
青空を見上げながらゆっくりと湯船につかり、
(露天風呂もあるんです)
で、風呂上りに40分のマッサージ。

すごく気持ちよかったです。

久し振りにゆったりとした気分になれました。

また行きたいとおもいました。






------------------------------------------------------------------

あなたの知りたいことのすべてがここに。

Kintoredaihyakka3d_200x250

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《動画》

厚い胸板が欲しい!(胸トレ編)

yoshi's BODY!!

男らしく逞しい腕が欲しい!(腕編)

広く大きな大人の背中が欲しい!(背トレ編)

ボッコボコの腹筋が欲しい!(腹筋編)

筋トレだけじゃ筋肉は付かない!
(筋肉が付かざるを得ない食事編)


yoshiが自らの経験とたくさんのクライアント
のデータをもとに語った講義!(動画講義編)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kouzapage

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪商品一覧≫

『筋トレ大百科』
筋トレ基礎から応用までこれ一冊ですべてカバー
あなたの知りたいことのほとんどが網羅されているはず。

DVD『~THE SHOT~』
とにかく短期間で且つ確実に体脂肪1ケタを目指すダイエットDVD

『腹筋RED』

バッキバキの腹筋を作ることに特化した腹筋づくりの専門書

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70445/16465625

この記事へのトラックバック一覧です: 本当のダイエット(適切な時間、タイミング):

コメント

こんにちは。
逆にストレス貰わないようにしたほうがいいですね。
yoshyさんが優しそうで、愚痴りやすいんでしょかね?

そういう方は、自分の身を守る意味で、気をつけて下さい。

ジムにぽちっ!

投稿: あきのうえ | 2007.09.17 11:35

>あきのうえさん

こんにちは。
ホント、ストレスもらわないようにしなきゃいけないですね。

>yoshyさんが優しそうで、愚痴りやすいんでしょかね?

いや、実は彼がいるときはわざと”話しかけるな”っていう
空気を作りながらトレーニングやっているんで、(笑)
逆に彼はたぶん私のご機嫌を伺っている、っていうのもあるとおもうんですよ。

>そういう方は、自分の身を守る意味で、気をつけて下さい。

ありがとうございます。
そうですね。自分でそのへんはうまくコントロールするつもりです。

>ジムにぽちっ!

どうもです。^^


投稿: yoshi | 2007.09.23 12:14

いつも楽しく読ませてもらってます。
質問なんですが空腹状態での筋トレは意味ないですか?
教えてください。

投稿: どんこ | 2008.08.29 19:08

はじめまして。質問お願いします。

韓国のチョン・ダヨンさんがしているフィギュアダンスをしているのですが、筋トレと有酸素が一緒になったようなエクササイズ(ビリーのような)なのですが、この場合は胃の中は空っぽの方が良いのでしょうか。

最初の20分で息は上がりませんが後半からあがります。エクササイズ中は筋肉がかなり痛く辛くなります。

せっかくしているのだから効率よくエクササイズをしていきたいです。

お手数かと思いますが、答えていただけると嬉しいです。

投稿: めい | 2008.09.15 16:31

>どんこさん

yoshiです。


>いつも楽しく読ませてもらってます。
質問なんですが空腹状態での筋トレは意味ないですか?
教えてください。


意味ないことはないですが、
好ましくないし、やるべきではないです。

筋トレ自体が体を壊す行為なんです。

これにさらに食べないで筋トレをしたら、
筋肉の分解が加速しすぎます。

筋トレの前は軽く食べておきましょう。

ほど良く、炭水化物とたんぱく質を含んだもの。

それを食べておきましょうね。

>めいさん、

はじめまして。


>はじめまして。質問お願いします。

韓国のチョン・ダヨンさんがしているフィギュアダンスをしているのですが、筋トレと有酸素が一緒になったようなエクササイズ(ビリーのような)なのですが、この場合は胃の中は空っぽの方が良いのでしょうか。


いや、軽く食べておいた方がいいでしょう。

結構きついと思うんですよ。

チョン・ダヨンさんのそのダンスは知らないんですけど、
ビリーのような感じなんですよね?

結構きついんですよね。

ある程度きついのをするのであれば
やはり多少は胃に何か入れとかなければなりません。

先ほどの上の質問と同じ理由からです。

軽く食べて、30分~1時間くらい空けてから
運動してくださいね。

ではでは。

yoshi


投稿: yoshi | 2008.09.24 22:52

おはようございます。

丁寧なレスありがとうございました。
それでは、1時間位してから運動しようと思います。

投稿: めい | 2008.09.25 10:42

youtubeでいつも拝見させてもらってます。

自分はトレーニング始めて二年くらいですが、今は筋肥大よりも腹筋のカットを出すために減量をしてます。体脂肪15%くらいですが、10%くらいまで落としてそこから体脂肪維持しながら筋肥大をして行こうと考えてます。
最近この有酸素運動をするタイミングの重要性を知り、朝の筋トレ&有酸素運動を始めました。

朝起きてバターロール一個とプロテインを飲み、30分前にはCLAとLカルニチンのサプリを取ってます。トレ中はBCAAを取ってます。

アドバイスを頂きたいのですが、この場合はプロテインも取らずに有酸素運動をして、その後にプロテインやバナナなどを補給してから筋トレをするというのはどうでしょうか?

それとも今まで通りいいのでしょうか?

投稿: つばさ | 2013.10.26 13:49

つばささん、

トレーニング中(BCAA CLA Lカルニチン) トレーニング終了 → 有酸素運動 → 有酸素運動終了 → バナナ&プロテイン

ですね^^

投稿: yoshi | 2013.10.29 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)