« 有名人の体脂肪率 | トップページ | 下っ腹ぽっこりを直す基本 »

2010.04.02

現在最も有効な2つの刺激

------------------------------------------------------------

トップページ


世界一ダイエット上手な人達

本当のダイエット

正しい筋トレ

体重、体脂肪はこうやってコントロールしろ!

ダイエットかバルクアップで悩んでいるなら


オンライン肉体改造セミナー 『筋トレ無料講座』を受けてみる!

------------------------------------------------------------



どうも。こんばんは。

yoshiです。

またまた前回のブログ更新から日が空いてしまいました。

まあ、これでもいろいろ忙しく活動していますので、お許しください。

話は突然飛びますがいやはや。



いつもまにもう“花見の季節”。


先日ニュースを見ていたらもう九州の方は
けっこう咲いているみたい。

こっち(関東)はまだまだといったところですが、
チラホラとは咲き始めています。

そうですよね。


もう4月。


なんか、ちょっと前にお正月メール出したばかりだと
思っていたのにもう2010年の3分の1が過ぎたわけです・・・

ああ(苦笑)。

こうやってほとんどの人が年をとり、体は衰え、そして退化して
いくんでしょうが、この記事を読んでらっしゃる
あなたはきっと逆の方向を歩んでいることとおもいます。

ですよね?

だって筋トレしているんでしょうから。



周りを見てください。

同僚を見てください。

先輩を見てください。

道行くミドルエイジの方を見てください。




みんな腹が出てきてどんどん“オヤジ化”していってるでしょ(苦笑)。




筋トレで日々鍛錬しているあなたは半年前より“若々しく”、
そして“瑞々しく”、エネルギーを発していることと思います。




ほとんどの人が“退化”していく中、あなたは“進化”




うーん、やっぱり運動、とくに“筋肉を直接鍛える運動”
ある筋トレはすごい。


まあ、ジョギングでもウォーキングでも水泳でもいいんですけどね。

でも、やっぱり筋トレのように“面白い適応過程”をする運動、って
他にないから、ある意味もっとも価値のある運動、と言っても過言では
ないんじゃないかな、と思っているのですが、いかがでしょうか。

このまましっかりとやり続けてくださいね。



え?

最近忙しくて筋トレしていない?



ああ、もったいない・・・



じゃあ、今からでも遅くありません。

数年前にいたお笑いグループではないですが
(今もいるのかな?)

“いつもここから”
 ~~~~~~~~~~~~~~~

です。

そう、“いつもここから”。

決して遅すぎることはありません。

とにかく仕切りなおしてやっていきましょう。



さて。



今日も読者さんやクライアントさん達との
貴重なやりとりがありましたので、あなたとシェア
しておこうとおもいます。

短めにしてあります。

確か前々回だったかな、少しお話したことと被るんですが、
とても大切なことですのでもう一回言っておきます。

というか、いろんなところでいろいろ言っているんだけど、
どうもしっかりと伝わっていない感、がある・・・。

ですので、絶対覚えておいてください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・現在最も有効な2つの刺激

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


まずはお読みいただく前に恒例の応援クリックお願いします。
最近そう言えば、リンク載せてなかったんでランキングガタ落ちです(苦笑)。
ぜひぜひよろしくお願いします。

っていうか、クリックしなかったら読んではダメです。

また記事待ってるよ、という方は恒例のクリックよろしくです。
クリック数が少ないとまたしばらく書かないかも(笑)。

今日も1票ありがとうございます。
↓ ↓
人気ブログランキング



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

質問

>一つの部位毎に筋トレする方法と、サラリーマン筋トレのような
>サーキットトレーニングの違いと効果は何でしょうか?
>有酸素的に心拍数を   上げて実施する為なのかなあ、
>と漠然と思っているんですが・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前々回のお話覚えているでしょうか?


件名が“恐いこと”で、内容的にはアイソメトリックだとか、
エキセントリックだとか、コンセントリックだとかいったお話
だったんですが。


“空気椅子”のお話、といった方が思い出しやすいかな。


これがあまり筋肥大に有効ではないというお話だったのですが
(本題は違いますよ)、
その中で、その理由を3つほど挙げました。



覚えてない方は復習の意味でもう一度読み返してください。



その3つの中の2つ目に挙げた理由に関連していることです。



> 2、消費カロリーが少なすぎるから
>
> このエクササイズは実際は仕事をしていません。
>
> 外に向かって仕事をしていないんですね。
>
> 力学的な仕事はゼロですし,熱発生も最小になります。
>
> ということは筋内環境も悪くなりません。
> ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
> 筋肥大させるには筋内環境を悪くし、
> 代謝物を蓄積させなければいけません。
>
> 代謝物を蓄積させることにより、各種、筋肥大に
> 有用なホルモンが分泌されるからです。




このようにさらっと言ったのですが、
これって実はすごく重要なことなんです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


私としては冒頭でも言ったとおり、いろいろなところで、
何回か言っているんで、ちゃんと聞いてくれている方には

「もういいよ、分かったよ」

と思われてしまうトピックなのですが、

サラリーマン筋トレ ~THE SHOT~

を発売してから今日のような質問が結構届いているんです。



ですので今一度取り上げておきます。


いいでしょうか。



今の運動生理学ではこう言われています。



筋トレにおける、筋力の向上と筋肥大というのは
以下の2つの刺激によってもたらされると(おおまかに言うと)。


1、力学的な刺激。

2、代謝的な刺激。


1が高重量で筋肉を引き裂くようなトレーニング、

2が筋内環境を悪くすることによって筋肥大に有用なホルモン
を出すようなトレーニング、



です。


1は一般的なウェイトトレーニングです。

3~12レップあたりで複数セットを組み、インターバルは
短くもなく長くもなく。

しっかりと次のセットが最高のパフォーマンスで
できるくらいのインターバルをとってやるトレーニングです。



2は10~15回あたりで限界になるくらいの中重量を使って
筋内圧を上げ、それにより各種ホルモンを分泌させるような
トレーニング
です。



この場合、“脂肪の分解”が大きいです。


さらにショートインターバルで行なうことにより
(心拍数が高い状態がキープ)
有酸素運動的な要素も加わりますので、分解された脂肪を
エネルギーとして使い、体脂肪が燃焼される、という特徴があります。




これを体系的にし、私のオリジナルの要素を加えた方法が
『筋トレ大百科』の第九章

~鋼の肉体計画~
究極のトレーニングプログラム

なのですが、これは中重量とは言っても実は1の要素もミックス
され入っています。


そう“力学的な刺激”も入っているんです。



そこがまあミソなのですが、ミソであるからこそ、ここでは
お伝え出来ないのですが(苦笑)、それは置いといて。



で、じゃあ、『サラリーマン筋トレ ~THE SHOT~』
どうなのか、と言ったら、これはもうお分かりかと思いますが、
もうほとんど2になります。

しかもインターバルといったらサイクル間しかありませんから。

それまではインターバルはなしです。

インターバルの間もずっと呼吸は荒いですから、
有酸素運動をしているような状態です。


サイクル後半になると、息が上がった状態になり、
大袈裟に言うなら“酸欠状態”でレップを繰り返さなければ
いけない。

筋内環境は悪くなるし、
息も上がって有酸素運動的な要素も加わるから
体脂肪の燃焼が促進される。



だから、


>一つの部位毎に筋トレする方法と、サラリーマン筋トレのような
>サーキットトレーニングの違いと効果は何でしょうか?
>有酸素的に心拍数を   上げて実施する為なのかなあ、
>と漠然と思っているんですが・・・


の回答は、というと、有酸素的という側面はその通りですが、
それだけではなくて、それにさらに“筋内環境の悪化”
という側面が入ります。



だから、一般のあまり“筋量”の多くない人が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
腹の肉を取ることを第一目的とするなら、
2のような運動、つまり、サラリーマン筋トレみたいな方法が
いいのです(ここまで語ってきた理由から)。



ただ。


問題はこんなにいいこと尽くめでも
やはりトレーニングというのは面白いもので
ずっとやっていると効果が薄くなってきてしまうのです。


さらに欠点として、
SHOT法だと息が上がってしまっているから、後半になると
普通のトレーニングでは本来、50kgで8回
できるのに、30kgで6回しかできない、ということが出てきてしまうんです。





つまり、“力学的刺激”というのが弱くなる、ということです。



ですので、やはり、長期的に見れば現在もっとも有効と言われている
1と2をミックスする方法が良い、ということになります。


力学的な強い刺激と、筋内環境を悪くするような刺激。


だから私はルーカスさんのように、またその他の
直接指導しているクライアントさんには
この両方をミックスしたトレーニング法で指導しているんです。


ただ今回『サラリーマン筋トレ ~THE SHOT~』でこのような方法をしなかったのは、
一般の方はまずトレーニング器具やマシンなどもっていませんし、
ましてやジムに通っているひとというとさらに少なくなります。


そのため、コンセプトから見たら、
なにが一番“一般の方”が取り入れることができ、
現実的か、と考えこのSHOT法になったので、
ミックスしたやり方というのはあえて取り上げなかった次第です。


~~~

~~~



以上になりますが、
こんなことも念頭においてトレーニングがんばってみてくださいませ。


夏はもう春の向こう側で地団駄踏みながら出番を待っていますよ。


yoshi


------------------------------------------------------------

トップページ


世界一ダイエット上手な人達

本当のダイエット

正しい筋トレ

体重、体脂肪はこうやってコントロールしろ!

ダイエットかバルクアップで悩んでいるなら


オンライン肉体改造セミナー 『筋トレ無料講座』を受けてみる!

------------------------------------------------------------

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70445/47977769

この記事へのトラックバック一覧です: 現在最も有効な2つの刺激:

コメント

いつも参考になってます。

投稿: YASUSHI | 2010.04.04 00:01

すこしずつですが効果が出てきてます。ウエストー5cm
割れた腹筋にはまだまだですが楽しめるようになって今は筋肉痛が無いと物足りないぐらい 頑張るぞ~

投稿: | 2010.04.07 21:05

初めまして、YASUSHIさん。yasuです。

>いつも参考になってます。

そうですか、大いに参考にしてください。本質的なこと
が書かれているブログはここだけですから。

投稿: yasu | 2011.05.14 02:47

yasuです。

>すこしずつですが効果が出てきてます。ウエストー5cm
割れた腹筋にはまだまだですが楽しめるようになって今は筋肉痛が無いと物足りないぐらい 頑張るぞ~

ウエスト-5cm!・・・すごいですね~。その調子ですよ(笑)。
体脂肪が15%を下回ったあたりから、腹筋は割れてきます。

投稿: yasu | 2011.05.14 02:51

いつも記事を楽しみにしてます。
応援のクリックも、欠かさず。

世にあるダイエットブログは山ほどあって、9割は主観だけ、自己流だけのハウツーものばかりですね、YOSHIさんの記事は本物、ですので毎回楽しみにです。 もちろん大百科、そして腹筋REDの購入者です。

YOSHIさんはいま現在バルクアップ期のようですが、そこから皮下脂肪をめくってBESTにもってゆく方法についてご経験のやり方をまた教えていただければ、と期待しています。

投稿: hiro | 2013.10.30 15:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)