« いろんな意味で新たな世界へ旅立った2001~2007。一気に視野が広がった2001~2007。 | トップページ | 去年を超えることはできないけれど・・・ »

2012.03.20

愛すべきたくさんのクライアント達と出会った2008~。同じ志を持つたくさんのクライアントと共に過ごした2008~。そんな彼らと共に成長した2008~。

Headerblog

History

いつものよろしくお願いします。

今日も一票ありがとうございます。

↓  ↓  ↓

人気ブログランキング

【2008~2012】

前回のあらすじ
10年以上続けた仕事をやめた
妻に出会った
そして
『筋トレ大百科』が生まれた

----------------------------------------------------------------------------------------------
2008
・今でもポニョが聞こえる
・本気のバルクアップ

----------------------------------------------------------------------------------------------


≪今でもポニョが聞こえる≫
理論的で、科学的、誰にでも“再現性”のある“価値ある知識”がまったく世間と共有されていない。これを2000年に感じてからもう8年も経っていた。“いつかいつか”がもう8年。

でも、それで良かった。だってこの2000年以降の経験がもしなかったら指導者との“幅”が狭くなってしまっていただろうから。プライベートでは妻出会ったことにより、交友関係の幅が広がったし、多くの人種の方ともお話しすることができた。また自分でビジネスをしたことにより“世の中”の成り立ちや仕組みがわかった。

もしボディービルだけにどっぷりと浸かっていたら偏狭な思考しかできなかったろうし(あくまでも私の場合)“一般の目”(一般の感覚でもいい)というものも退化してしまっていたに違いないし。この数年間で経験した変化(プライベートも肉体も)は確実に私の人生を“豊か”にしてくれた。

そのトータル的な経験を経て、またいろいろなタイミングが重なりやっとすべてを形にしようという心の準備が整った。そのすべてをつぎ込んで、約半年以上かけて生まれたのが処女作700ページにも及ぶ『筋トレ大百科』だった。忘れもしない2008年8月13日。“ポニョ”の歌がどこへ行ってもかかっている暑い夏だった。



≪本気のバルクアップ①≫
2001~2007は本気で“肉体の進化”を計っていなかった。理由はもう何回も言っている通り旅に出ていたから。だからあくまでも自分の意志でそうしていただけ。もちろん仕事に追われて全くできなかった時もあったけど90%は自分の意志

やればすぐに戻るという確固たる自信があった。たとえ2005年の写真くらい細くなってしまったとしても。たとえ1998くらいに太ったとしても。実際この数年間で何度もダイエット&バルクアップはしてきてたからその辺は問題なかった。本気のダイエットではないけど、体脂肪率が増えればダイエット。2005まで減ればバルクアップ。まだまだすべて自分のコントロール下にあった。

『筋トレ大百科』を執筆し始めた頃ふと思った。もう“あえて”の旅は終わり、って。もちろん人生と言う名の旅は続くけど、“トレーニング”のプライオリティーを下げた旅は終わり、って。


本気でまた体を創ろうと思った。


本気でやる。本気とはなにか?本気とは“気”があるかどうか。心があるかどうか。心の無いものに何かを動かしたり変えたり感動させたりする力はない。心があってそ。心があってこそ次のレベルに行ける。知識が生きる。経験が生きる。そして心があって知識があって、経験があると肉体はさらに進化する。

久々のバルクアップは楽しかった。やはり肉体創りは“現状維持”より“更なる向上”の方が何百倍も楽しい。維持は悪く言えば停滞だけど向上は“進化”だから。向上は心の豊かさをもたらしてくれる。2005年に61kgまで落ちた体重は2006には69kgまで。2007はまた下がって67kg。そして本気の2008は結局75kgまでいった。2008は8か月間で着実に1kgずつ増やすことができた。

しかしどう頑張っても仕事とプライベートでうまくいかないことがあり、本気の2008は1月から8月までの限定という結果となった。9~12は4か月間で数えるほどしかトレーニングできないというなんとも悲しい結果となった。75kgまでバルクアップしていた体はこの4か月間でまた70kgまで落ちていた。しかしこの8か月間で着実に1kgずつ増やすことができた事実を見てもらえれば、『筋トレ大百科』が本物か、ということがわかると思う。
あそこに書いてあることをただ普通にこなしただけなんだから。

----------------------------------------------------------------------------------------------

2009
・本気のバルクアップ②
・本気のダイエット!

----------------------------------------------------------------------------------------------

・本気のバルクアップ②
2008年に意を決して行ったバルクアップ。しかし、9~12月がほとんどトレできなかった。悔しかった。本当に悔しかった。久々に“どっぷり浸かり”プライオリティーを上げてやれていたのにあのトレできない4か月。

2000年のコンテストの準備のときよりも一回り大きく大きくなっていたからこそ悔しかった。しかし、それも運命。その悔しさをもって2009を迎えた。2009までには諸々の“トレーニングできない理由”はすべて解決していたので最初からアクセル全開(心のアクセル)でいけた。

それによって1~3月の3か月間でなんと7kgも増やすことができた。3か月で、だ。もちろん、マッスルメモリーがあったからこそだし、また脂肪もたっぷりと付いたけど。それでも扱う重量が格段に増えていたからOK。

そしてこのころ一緒にやっていたビジネスパートナーから新しい商品の話が来ていた。それがyoshi初のダイエット専門商品、しかもDVDである『~THE SHOT~』。ちなみにこの商品のプロモーションで行なった一連の制作裏話(私がパートナーの頭にコーヒーをかけ、テーブルひっくり返し、「見損なったよ!」という捨て台詞を吐いて店を出て行く・・・可能性もあった(笑)話はすべてほぼノンフィクション。大好評だった。



・本気のダイエット!
さて。新商品の話がまとまり、“それでは”と始まったのが久々の本気のダイエットだった。撮影のために久々に本気で体を削り上げよう!と行なったダイエット。私にとってはなんてことのないことだった。時間と環境さえあれば絞ることなど全くもってNO PROBLEM。ここまでずっと体脂肪率をコントロールしてきたし、プチダイエットとでも呼ぶべきダイエット(“プチ”とは言ってもそこらへんで素人さんがやる“プチ”とは違う)は何度もやってきたし。そのダイエットの写真がアップした写真。ね、普通に海で目立つくらいの絞りはできているでしょ。



---------------------------------------------------------------------------------------

2010
・『B3クラブ』!
・『本当の肉体改造』!

----------------------------------------------------------------------------------------------

・『B3クラブ』!
2010年6月。遂にyoshiの“誰も真似することのできない純粋な同じ志を持つ仲間のみが参加できる有料で優良な肉体改造クラブ『B3クラブ』(半年に一回募集)”を発足。肉体だけでなく心も同時に大きくしていくことがコンセプトの一つとなっているクラブを作れた。

私も2009年以降本当に“トレーニングに格段に打ち込める環境”が整ってきていた。もはやトレーニングが仕事、と言える環境が整ってきたのだ。これにより私の肉体はさらに進化した。写真を見てもらえればわかってもらえるだろう。

この『B3クラブ』では私の2009に行ったDVDの撮影のためのダイエットの全貌を公開した。2009年に行ったダイエット専門ブログですべてを公開した。またその食事も公開したし、体重体脂肪の推移のデータも公開した。そしてさらにこの2010年夏にまた“リアルタイム”での私のダイエットを生中継した。


・『本当の肉体改造』!
この2010年はもうトレーニング三昧だった。というか、2009年からはあの95~2000年までよりももっとトレーニング三昧だった。はるかにトレーニング三昧。知識も経験も時間もレベルも遥かに凌いでいる。だって今はそれが仕事だから。

だからこそ、この『本当の肉体改造1』というレポートができた。だからこそ『本当の肉体改造パート2』もできた。パート2はある意味近年の、yoshiの近代史の集大成でもある。計らずして大作(PDF92ページ)となった。まだ『B3クラブ』3期生にはお配りしていないけど近いうちに配る予定。お楽しみに。



----------------------------------------------------------------------------------------------

2011

充実

----------------------------------------------------------------------------------------------

・充実。

本当に充実した年だった。母の死以外は。最愛の母を1月に失った時はただただ悲しかった。悲しくて。悲しくて・・・

『B3クラブ』ももう気づけば3期。肉体改造も順調。仕上がった体がそれを物語っているとおもう。もちろん、コンテストで“勝てる体”までの絞りじゃない。けど、“闘える体”までは仕上げた。

また私のモットーであるバランスの取れたボディーコーディネートもできている。胸だけデカいとか、腕だけ太いとか、胸肩が良いのにミッドセクション(胸の下部から腹筋まで)が弱いとか、背中がしょぼいとか、そういうことはなくしっかりとボディーコーディネートできている。

これの質をもっと上げていきたいと思っている。そして来年は、コンテストで“闘える絞り”ではなく、“勝てるくらいの絞り(体)”を目指し、夏以降徹底的にバルクアップしてきた。もう無駄に脂肪を付けて太ることなく、バルクアップできるのですべてがうまくいっていた。この調子で行き、また『B3』の第4期を募集して、そして今のクライアント、そして新しい仲間たちと2012の夏には海でダイエットのねぎらいオフ会&プチコンテスト(みんなで肉体のお披露目会)なんてことをずっと企画していた。しかし・・・



----------------------------------------------------------------------------------------------

2012

 

・悪夢(まさかの交通事故)1月6日

・5分

----------------------------------------------------------------------------------------------

・悪夢(まさかの交通事故)1月6日

「何やってんだ俺・・・」
「ああ、すべてが台無しだ・・・」
「なぜなんだ。今年は例年以上に真っ直ぐな気持ちで感謝の気持ちを持ってスタートしたのに・・・」
「ああ、マジかよ・・・」
「今年は『B3クラブ』のみんなと会う約束してたのに・・・」

車に激突し意識を失っていた。

「大丈夫ですか!?」
「今救急車呼びましたからね!」

こんな声が聞こえ意識が戻った。

目を開ける。

何人かの顔が見える。

そして視界に入っている道沿いのマンションの住人達がベランダから私を見下ろしている。
みんな一様に複雑の表情をしている。

最初に思ったことは

「え、体がやたらと重い・・・」

ということだった。起き上がれない。

次に思ったことが体の右側がやけに痛いということだった。ジンジンしてやたらと痛かった。

腕が完全に曲がらない方向に曲がり地面にピタッとくっついている。戻そうとする私。戻らない腕。

痛い。とにかく痛い。

でも、ふと我に返った。面白いものでこんな状況でも自分の体の状態を把握しようと頭が回っていた。

「腕は完全にやばいな。どうなってんだろう・・・」
「あ、その前に頭だ!頭はどうだ。あ、頭は大丈夫だ。全く痛くない。首も大丈夫そうだ」
「腹は?あばらは?腰は?うん、大丈夫だ。」
「脚は?うん、おかしいぞ。痛い。左ひざだ。なんだ。左の膝ズボンが破けている。そうか、ここも打ったんだ。」
「ああ、とにかく腕が痛い。」
「でも、良かった。頭は大丈夫だ。内臓もいってない。良かった・・・」

と安心した。しかし命は大丈夫だ、と確認した途端次に襲ってきたのがどうしようもできない“後悔”だった。普段まず後悔などしない私が久々に後悔した・・・

「何やってんだ俺・・・」
「ああ、すべてが台無しだ・・・」
「なぜなんだ。今年は例年以上に真っ直ぐな気持ちで感謝の気持ちを持ってスタートしたのに・・・」
「ああ、マジかよ・・・」
「今年は『B3クラブ』のみんなと会う約束してたのに・・・」

・5分

でも。この後悔も5分で終わった。強がっているわけじゃない。本当に救急車に担ぎ込まれるまでの5分間だけ後悔した。しかし、この5分間にとことん落ち込むまで落ち込み後悔した。

だから。

もう十分だった。

5分で終わり。どう考えてももう過去には戻れないんだから。またいつものようにいつもの自分が現れてきてそして言っていた。

「もう、しょうがねーって。」

って。

救急車が到着して担ぎ込まれるのに体を動かされるのでその痛みでもう後悔なんてしている余裕がなかったというのが正直なところかな(苦笑)。

1/10
手術。

1/18
退院。最悪の体。体重も67kg台に(泣)

2月
脚トレメインに復活(復活時68kg台に)

3月17日
現在体重71kg台(1か月半で体重3kg戻る)

現在(3/17)

ベンチ22.5kg(精一杯)
バーベルロー20kg(余裕)
ダンベルカール7.5kg(精一杯)
ダンベルショルダー10kg (昨日の夜達成!)

・事故で学んだこと。わかったこと。気づいたこと

普通にトレーニングできる環境がどれだけ素晴らしいことなのか、がわかった。

やっぱりいざと言う時は家族だな、ということが分かった。

怪我したことによりユニラテラルなトレーニングの良さ、有効性がわかった。

私にはサービス提供者、お客さん、という関係以上の素晴らしいクライアントさん達がいる、ということがより分かった。

~~

~~

そんな愛すべきたくさんのクライアンさん、同じ志を持つたくさんのクライアントさん達と共に成長した2008~現在だった。

ありがとうございます。

完。



【あとがき】
おもわず長編になってしまった今回の企画。前回も言ったけどこれはただ単にGoogle+でいただいたコメントがきっかけになって気軽に始めただけで、特に構想があったとか、なにかの商品のためのプロモーションとかそういったことは全くありませんでした。だから当然行き当たりばったり。でもだからこそ、精査されてないからこそ、“生”の私を見て感じてもらえたんじゃないかな、っておもっています。

ブランディング上好ましくない写真も思い切って公開しました(笑)。
プライベートな写真も公開しました。

でも、よかったと思っています。別に変に脚色され創り上げられ、奉られた偶像的なブランドよりも、誠実にありのままの自分で自然に形作られるブランドの方が自分には合っているおもうから。そしてそれがまさに本当のブランドだと思うから。

それに、私の今回の恥ずかしいいくつかの体を見てもらえればわかると思いますが私は“特別な才能”があるわけではありません。一般的な男です。

そんな普通の男でもこの15年くらいでこんなにも体を大きくしたり、小さくしたり(なったり)、しょぼくなったり、やせ細ったり、かと言えば思いっきりバルクアップしたり、思いっきり絞ってみたり、とそんなことができるんです。

誰もがトレーニングをしっかりと行える環境ではないように、私も2008まではあなたと同じ理想的な環境なんてなかった。それでもやってこれた。だから私は特別じゃないんです。特別じゃないんだからあなたも問題なくできる。

私は、私の活動がただ単なる肉体改造のお手伝い、とは思ってやっていません。そんなちっぽけな世界観ではやっていません。トレーニングを通じてのQOLの向上(クオリティー・オブ・ライフ)。これです。

肉体創りに必要なマインドや原則は人生に通じる。

バランスが悪いとカッコ悪い体になると同様、人生もかっこ悪くなる。
表面だけの肉体の形だけに捉われると“幼稚なナルシスト”に成り下がる。

誰が言ったか

「健全な精神は健全な肉体に宿る」。

私が健全かどうかはさておき(笑)、とても共感します。

トレーニングによって物事の見方が変わる。根性だけじゃ到達できない世界。見えない世界。限界に挑戦し続けている者にしか見えない世界。低俗な快楽だけにしか楽しみを見いだせない人には絶対にい見えない世界。

賢くバランスと節度を持って初めて筋肉が付く。

どうかあなたもトレーニングによってQOL向上をしてほしいと思っています。そしてクールなボディーを作ってください。決して幼稚なナルシストにならないで(笑)。

応援してます。

P.S
あ、事故で学んだことですが、あともう一つ。交通に関する危険予知のレベルは確実に上がった(苦笑)。

これはね、ほんと、事故に会った人しかわかんないと思います。ただの事故じゃなくて、本当に痛い事故。もうこんな痛い思いは二度としたくない、ってくらいじゃないとマジでわかんないと思います。事故に遭ったことある人共感でしょ?(苦笑)。

P.P.S
事故ってからのトレ再開の2月は、“怪我した状態でのトレの仕方の模索”がメインだったけど、最近はやっとメニューも決まってきて、毎回目標を持ってその記録を打ち破るべくトレできてます。

この記録を破るのがトレの面白さなんですよね。

だから今はトレがまた楽しい。

これが両手で全開でまたトレーニングできるようになったらさらに惚れ直しちゃうんだろうな(笑)。

妻に怒られるかも。私よりもトレーニング?!って(笑)

P.P.P.S
あ、そうそう、そう言えば、以前メルマガでも言われて、オフラインでもジムでメルマガ読者さんに言われたんですけど、妻は一応、私が事故った後もちゃんと面倒見てくれていますよ(苦笑)。

というのは、私がメルマガでまるで一人で生活しなきゃいけない、みたいなことを書いたことから

「え?奥さんは?だって奥さんいるでしょ?奥さんなんにも手伝ってくれないの?」

というメール来て、そしてオフラインでも実際の声をいただいたのです。

「あらら?みんなそう思っちゃったんだ」

って思ったのでここで妻の名誉のために言っておきます。

私が事故った時妻はチェコに帰っていました。

向こうはクリスマスが日本のお正月みたいなんだけど、都合で帰れず、それではと1/2から帰っていたんです。帰ってくる予定は1/31。

だから、私は帰っても一人で、的なことを書いたんですが、それがどうも誤解を招いていたようで(苦笑)。

もちろん、妻は相当心配し、帰る、って言ってくれたけど、私も別にたかが上腕骨折で命に別状はないので、
「いいよ、かえって来なくて」
ってことだったのです。

冷たい奥さんって思った方そんな妻じゃないんで私は大丈夫ですよ。ご心配ありがとうございます(笑)

と言うことで、今も前向きに頑張っているyoshiでした。ではまた。

History_2

------------------------------------------------------------

2011

1109

Face

T_2

1174a

------------------------------------------------------------

2010

201010

2010826

M1160024

------------------------------------------------------------

2009

Abuchangediff

Frontrelax_3

Img_1376

------------------------------------------------------------

2008

久々に本気でバルクアップ。でもこうやってみるとかなり脂肪はついていますね(苦笑)

Img_0750

------------------------------------------------------

Kintoredaihyakka3d_300x375_2











『筋トレ大百科』

私の体を創り上げたすべての秘密がここに。

 

------------------------------------------------------------

『筋トレ無料講座』
~これで筋肉が付かないなんて言わせない!~
http://mensdiet-yoshi.com/opt/kouza.htm

Facebook個人ページ
https://www.facebook.com/mensdiet.yoshi

FacebookページURL
http://www.facebook.com/mensdiet

Google+個人ページ
http://gplus.to/mensdiet

Google+ページ
http://gplus.to/mensdietpage

Men'sダイエット 
~かっこいい体をつくるためのブログ~
http://beautydaiet.cocolog-nifty.com/mensdaiet/

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70445/54267756

この記事へのトラックバック一覧です: 愛すべきたくさんのクライアント達と出会った2008~。同じ志を持つたくさんのクライアントと共に過ごした2008~。そんな彼らと共に成長した2008~。:

コメント

はじめまして。シンヤと申します。
よろしければブログの相互リンクしてもらえませんか?

勝手ながら先にリンクはらせていただいております。
良い場合と悪い場合、どちらもご一報いただけると助かります。

私のブログはこちらになります。
目指せ美ボディ!肉体改造ダイエットコンサルタント・進也の日記(http://ameblo.jp/musclediet-shinya/)

よろしくお願いいたします。

投稿: シンヤ | 2013.10.14 16:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)