« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015.07.20

フォーム(テクニック)と重量どちらが大切?

『筋トレ無料講座』開講中!

20121208_191754

------------------------------------------------------------------

20150720_161434

前回かなりの長編動画(腹筋)だったので今日はサクッと軽めの動画をお持ちしましたよ。

でも、サクッと、とは言っても内容が軽いわけではないです。

むしろとてもヘビーで、そして“重要”です。

これをクライアントさんに何回言っていることか。

そういうことです。

ぜひ参考にしてあなたのトレーニングの質をアップしてください。そしてもちろんQOLもアップしてください。

動画を見る前にいつもの応援クリックよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

押していただけましたでしょうか?

そうしましたらどうぞ動画ご覧ください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

テクニックと重量どちらを優先したらいいのでしょうか?

↓ ↓ ↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたの知りたいことのすべてがここに。

Kintoredaihyakka3d_200x250

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《関連動画》

トレーニングによる肉体改造の原則的なお話。

↓ ↓ ↓



私の現時点で摂っているサプリ一覧。

《基本》

プロテイン(ホエイ) バルクスポーツ アイソプロ ナチュラル

プロテイン(カゼイン) ビーレジェンド いちごミルク風味

マルチビタミン&ミネラル(LIFE STYLE)



《アドバンス》

BCAA(ビーレジェンド)

EAA(バルクスポーツ)

クレアチン(バルクスポーツ)

グルタミン(バルクスポーツ)

ファイバー(食物繊維)(バルクスポーツ)

------------------------------------------------------------------

《動画達》

厚い胸板が欲しい!(胸トレ編)

20150419_150511


yoshi's BODY!!

20150419_150533


男らしく逞しい腕が欲しい!(腕編)

20150419_150556


広く大きな大人の背中が欲しい!(背トレ編)

20150419_150124


広い肩幅がどうしても欲しい!!

20150419_150649

ボッコボコの腹筋が欲しい!(腹筋編)

20150419_150220


筋トレだけじゃ筋肉は付かない!
(筋肉が付かざるを得ない食事編)

20150419_150259

yoshiが自らの経験とたくさんのクライアント
のデータをもとに語った講義!(動画講義編)

20150419_150356


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kouzapage

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪商品一覧≫

『筋トレ大百科』
筋トレ基礎から応用までこれ一冊ですべてカバー
あなたの知りたいことのほとんどが網羅されているはず。

DVD『~THE SHOT~』
とにかく短期間で且つ確実に体脂肪1ケタを目指すダイエットDVD

『腹筋RED』

バッキバキの腹筋を作ることに特化した腹筋づくりの専門書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.27

続・重量ORフォーム!?

『筋トレ無料講座』開講中!

20121208_191754

------------------------------------------------------------------

_small


前回のこちらの動画

テクニック(フォーム)と重量どっちを優先させ
たらいいの?

が思った以上に評判が良くてよかったです。

っていうのは、このような決して派手ではない、
(一般受けしないような)トピックって

サラっと

流されてしまい、反応少ないんじゃないか、
って思っていたからです。

でも、


「テクニックと重量の交差点素晴らしくわかりや
すい表現で、ずっと曇っていた心がパーっと一瞬
に晴れたような気分です。」

 

「良いこと言うですねーー、感動しました。」

 

「動画最高です!」

 

「もっと変化を求めたいって欲が沸いてきてちょう
どフォームと重量について悩んでいた所でこの動画
を拝見させていただきました。トレーニングだけで
なく色々な事にも当てはまるすごく深く響いた動画
だったので書き込みさせていただきました。」

 

「このお話しは記事でも読みましたが、最近それを
少し忘れがちでした。改めて再確認出来ました!ま
た明日からのトレーニングの活力にしていきます!」

 

「交差点。いい表現ですね。」


などなど、たくさんの良いコメントをいただけま
した。

この動画で伝えたかったことの

“大切さ”

が伝わって本当に良かったです。

いつまでもこの大切さを忘れないでほしいとおも
います。


さて。

私はこの動画で

「結局はバランスが大切。でも時にはその
バランスを崩すこともあり」

と言っていますが、このへんをちょっと誤解され
るとややこしくなるので今日は補足としてもう少
し突っ込んでお話してみたいとおもいます。

とその前にいつもの応援クリックよろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

人気ブログランキング

押していただけましたでしょうか?

そうしましたらどうぞご覧ください!




【バランスが取れている中でのバランス崩し】

“時にはそのバランスを崩すこともあり”

に関してですが、これをそのまままともに受け
取るとまさに言葉の通り

“バランスを崩してもいいですよ”

となるわけですが、私の本来言いたかった意味の
バランスを崩すって言うのはちょっと違っていて

正確に言うと

“バランスは崩しちゃいけない”

となります。


・・・

・・・

・・・

・・・


「はい??yoshiさん、意味わかりません・・・」
「yoshiさん、頭大丈夫ですか?」

と聞こえてきましたのでちょっと説明させてくさい。

あなたは私がバランスが取れている、って
言った時どのようなイメージを持ちました?

おそらく以下の様なイメージを持ったと思うんですよ。


テクニック5 : 重量5


みたいな。

ここでは10でバランスが取れるとしておきましょ
う。そしてこの10がのあなたのキャパシティ
(能力)となります。


例えば綱渡りをしたり、

平均台を渡ったりする時



って両手を広げてバランスを取りますよね。

でも、常に右腕と左腕の状態が

5:5ということはないじゃないですか。

左右に傾きながら、ふらふらしながらもバランス
をとって渡っていますよね。


時には

右4 : 左6

だったり、あるいは極端に

右1 : 左9

なんて窮地もあると思います(苦笑)


でもそうやって

“まさにバランスを取りながら”

渡っていますよね。

そう、もうお分かりだとは思いますが、
私の言っている“バランスの崩れ”
っていうのは


“常に5:5ではなくてもいい”


っていう意味の“崩れ”のことを言っています。

時には7:3も、9:1も
経験や変化(スパイス)としていいですよ

ってことです(あくまでも比重の話ですよ)。

ただし。

(ここが大切で)崩してもいいのはあくまでも

“10の範囲内(キャパシティ(能力))で”

です。


10を超えて、

7:4(11)だったり、9:3(13)
だったり、5:7(12)だったりしたらダメ
です。

重すぎて(綱から)落ちるか、綱が切れるか
しますから。

トレーニングで言うなら


・怪我(あるいは怪我のリスク増大)

 

・筋肉が付かない
 (筋肥大のための刺激を得ることができない)



となるわけです。


逆に

2:3(5)でも1:8(9)でも4:4(8)
でもダメですよ。

軽いので風で飛んじゃいますので。


トレーニングで言うなら


“何かが足りない”ですから。


あくまでもキャパ(能力)の限界の中での
バランス崩しです。

最大限の努力で最大の効果を狙う。

その究極の理想が

テク(フォーム)5 : 重量5

ですよね。

“完璧なバランス”。

ただこの“完璧なバランス”だけでやっていると
ご存知の通り、筋肉くんはとてもわがままで、
飽きっぽい性格ですから、すぐに“慣れ”を
感じ「面白くない!」ってへそを曲げて、
筋肥大にNO!を言います。

また、あなた自身、
時には軽いものでテクだけを磨きたい、
ってこともあるでしょうし、

逆に重さ慣れのために(神経系の抑制取除)
重いものもやりたい、ってこともあ
るでしょう(関連動画)。


ですから

時には

重量6 : テク4

だったり、

もっとチャレンジして

重量8 : テク2

くらいにしてやっていくわけです。

具体的に言うなら、
そうですね、例えばベンチプレス。

完璧な5:5が
8RM(8回で限界となる重量セット)
とした場合、



重量6 : テク4

は多少テクが甘くなるが5RMみたいな。

 

で、

 

重量8 : テク2

1RMとか。

 

重量9 : テク1

は一回もできないけど、ネガティブ(下ろすこと)
だけは自力でできるからポジティブ(挙げるときは)
補助についてもらって挙げる、とか。




そんなイメージです。

まあ、実際問題として

重量8 : テク2

とか

重量9 : テク1

は例えとしてどうなんだ、って言う思いはあり
ますけど(だってテク1とか2ってもほとんど
テク無視みたいじゃないですか(苦笑))

でも私の言いたいことはわかってもらえるかと
思います。


で、逆に

重量 2: テク8

 

のようなスーパーテクで、100kgの
バーベルを100kgすべて胸に(刺激を)
乗せるみたいな(ありえないですが)、やり方も、


・筋肉君にとっても飽きさせないために、
 

・また自分自身のスキルアップのために


も必要かとおもいます。

このへんのトータル的なバランスがうまく
いっていると身体は少しずつレベルアップ
していくんではないかと思います。

ただ

最低限のテクはトレーニングをする人
すべてに必要です。

だって重りが乗らない状態(テクが甘すぎ)
でいくら重いものを持っても
(刺激がターゲットに行かないので)
筋肥大は難しいからです。



絶対的に

“最低限のテク”

というのは必要なので、それを考えるなら
むしろ

“テクの方が重要”ってことが言えてしまうかも

しれません。

だって、

リアル初心者さんを思い浮かべて
みてください。

リアル初心者さんの背中のトレーニング、
例えばプルダウンでもワンハンドローでも
いいですけど、それらを

うまく出来る人います?

リアル初心者さんのベンチプレスや、
ダンベルフライ。

うまく出来る人いますか?

絶対無理ですよね(苦笑)

彼らが“間違ったフォーム”でやり込んで
扱う重量や回数が少しずつ増えていったとしても

その伸び率に対してのターゲット部位の肥大率
っていうのはイマイチなはずです。
 

もちろん多少筋肉は付いているでしょうが、
もしもっとしっかりとしたフォーム(つまりテク)
なら同じ精神的肉体的努力でもその効果は段違い
となります。


だから同じ100kgを扱っていても
大きな大胸筋を持っている人もいれば、
それにそぐわない、薄い大胸筋の人も
いるわけです

(もちろん体格(骨格、筋腹の長さ、身長、体重な
どなど)による違いも多々ありますが)。

また、たとえ回数をこなせるようになったとしても
テク(フォーム)が甘いなら、筋力が伸びたのでは
なく、
 

ただ単に重りをA地点からB地点まで動かすのがうまく
なっただけかもしれません(少ない体力や筋力で移動
させるコツや術を得た。大きなものを運ぶ仕事をして
いる人はこいうのうまいですよね。引越し屋さんとか
宅配便の方とか)。

だから
トータル的に考えると“テクニック”というのは
相当重要だと私は考えています。

ですのでこのような視点に立つと
今日の例えの中で出てきた、

 

重量9 : テク1

とか

重量8 : テク2

 

みたいなものはそぐわない感じがし
てしまいますね。


最低限のテクが必要ということだから、その
意味ではもう少し細かい以下の様な表現のほ
うがいいでしょう。

パーフェクト比率を
重量5 : テク5
とした場合、

最低限の必要なテクは
3〜4(これ以上犠牲にできない)

だから

大いに(重量重視に)崩したとしても
重量7 : テク3 (1〜3RMあたり)

で、普通は崩しても

重量5.1〜6.0 : テク4.9〜4 

みたいにかなり細かい感じの範囲内。
この中での崩しですね。

 

逆に大いに(テク重視に)崩した場合は

重量1 : テク9

みたいなのはありかな、って感じがします。



超絶スーパースロートレーニングみたいな(笑)

ただこれもさすがに重量1kgのベンチプレスじゃ
いくらなんでも筋肥大難しいと思うんですよ(苦笑)

気持ちの比重で考えるならいいとは思いますが。

〜〜

〜〜

だからある程度のテクが付いてから

どんどん重さを追求していく、

っていうのが一番効率的でしょうね。

もちろん10の範囲内でのバランスを崩す
経験を積みながら(試行錯誤しながら)。

ただし、崩していい範囲の臨界点を超えた
トレーニングは効率が悪いだけでなく、
怪我の原因になりますのでそこだけは
注意をしてください。

とは言え、ベテラン、中上級者レベルの
人で臨界点を超えたことがない、つまり
まったく怪我をしたことがない、なんて人
はいないでしょう。

そんな完璧な人なんているわけがありません。

痛い思いをして、人は学んでいくんで。

子供も火を触って火傷して初めてまさに
肌感覚で熱さや痛さを知る、みたいな。

人生と同じですね。

また人生が出てしまいました(笑)

〜〜

〜〜

まとめておきます。

私の前回の動画の補足として言いたかったこと。

・私が言っていた
「時にはバランスを崩すこともありでしょう」
っていうのはあくまでも5:5ではなくてもいい、
ってことで、ただ10を超えるような範囲での
バランスの崩しはダメですよ、ってことです。

そこから派生して今日はもうひとつポイントを
挙げておくと、

・でも、もし%name1%さんの求める肉体の
レベルが高いものであるなら、限りなく臨界点
の近くでトレーニングしなければならない時も
ありますので今後怪我をすることもあるかもし
れません。

それでも、怪我から学ぶことはとても多いです。

進んで怪我しろ、なんてことは言わないし、
そんなのできれば経験しなくてもいいですが、

怪我した場合、怪我したからといって落ち込まず、
腐らず、そこから多くを学んで、それを糧にして
いってほしいな、ってことです。

以上参考に。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたが初心者さんだろうが、自宅トレーニーだろうが、
中級者さんだろうが関係ありません。
肉体を変えたいすべての人へ。『筋トレ大百科』。

Kintoredaihyakka3d_200x250

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

《関連動画》

トレーニングによる肉体改造の原則的なお話。

↓ ↓ ↓



私の現時点で摂っているサプリ一覧。

《基本》

プロテイン(ホエイ) バルクスポーツ アイソプロ ナチュラル

プロテイン(カゼイン) ビーレジェンド いちごミルク風味

マルチビタミン&ミネラル(LIFE STYLE)



《アドバンス》

BCAA(ビーレジェンド)

EAA(バルクスポーツ)

クレアチン(バルクスポーツ)

グルタミン(バルクスポーツ)

ファイバー(食物繊維)(バルクスポーツ)

------------------------------------------------------------------

《動画達》

厚い胸板が欲しい!(胸トレ編)

20150419_150511


yoshi's BODY!!

20150419_150533


男らしく逞しい腕が欲しい!(腕編)

20150419_150556


広く大きな大人の背中が欲しい!(背トレ編)

20150419_150124


広い肩幅がどうしても欲しい!!

20150419_150649

ボッコボコの腹筋が欲しい!(腹筋編)

20150419_150220


筋トレだけじゃ筋肉は付かない!
(筋肉が付かざるを得ない食事編)

20150419_150259

yoshiが自らの経験とたくさんのクライアント
のデータをもとに語った講義!(動画講義編)

20150419_150356


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Kouzapage

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪商品一覧≫

『筋トレ大百科』
筋トレ基礎から応用までこれ一冊ですべてカバー
あなたの知りたいことのほとんどが網羅されているはず。

DVD『~THE SHOT~』
とにかく短期間で且つ確実に体脂肪1ケタを目指すダイエットDVD

『腹筋RED』

バッキバキの腹筋を作ることに特化した腹筋づくりの専門書

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »