« 肉体づくりの本質を押さえよう! | トップページ | 筋肉・筋力・マンネリ・停滞を打破するために戦略的かつ積極的にユニラテラルトレーニングを取り入れよう! »

2019.09.03

強い心は諸刃の剣

%name1%さん、昨日は腕と腹をガッツリとやり込んできたyoshiです。こんにちは。

9a4e71cb64c64414897804b5646042c3

腕トレはパンプすると鏡ですぐに確認できるので大好物です(笑)

━━━━━━━━━━━━━━

さて。

もしあなたらが伸び悩んでいたり、疲れていたり、1年中150%のハードトレーニングをしているなら注意深く呼んでみてください。

ホント気をつけておかないと恐いこと、大変なことになってしまいますので。

“心の強い方は特に”

注意深く読んで見てください。

それでは行ってみましょう!

※逆に“心の弱い方”は少し“強い方”の気持ちや心構えを学んでみてください。

決して今日の記事を“言い訳”に使わないように!(苦笑)

 

━━━━━━━━━━━━━━

強い心は諸刃の剣

Katanatsurugi2

━━━━━━━━━━━━━━

昨日各種SNSで以下をアップしたんですが

↓ ↓ ↓

《ここから》

いまだにトレに行くのが楽しみな私ですが、今日は珍しくあまり気分が乗らず、家でビールでも飲んじゃおうかな、みたいなメンタリティでしたが、明日休みたいのでジムに行ってきました。

このように気分が乗らないときに行く際は、変に自分を奮い立たせようとはせず、


「トレ始めても気分が乗らないなら軽いトレにしよう」

「軽くパンプさせて、軽く汗かいて帰ろう」

「でも調子良かったり気分が乗ってきたら予定の強度でやろう」


という気持ちで行きます。


私のように長くトレーニングを

"楽しく続ける”

にはゆる〜い気持ちを上手く使うといいですよ。

幸い今日はただ単に気持ちがデスクワークの方に行っていただけでジムでポジティブな空気に触れたら気分が乗ってきて予定通りの強度でやれました(笑)

以下メニューで、今日は予定通りのハードトレでした。

※トレーニングメニューは各SNSにアップしているので興味のある方はチェックしてみてください。

《ここまで》

 

以下のコメントをいただきました。

「みんな選手ではないですし、強靭なメンタルの持ち主ばかりではないのでこういうメンタルコントロール術は大変参考になります。場合によってはオーバートレーニングだったり、身体に異常がある場合だってあるので無理は禁物だと最近特に思っております(30超えて、不規則な仕事なので尚更)」

これはほんとまさにそのとおりで

“やる気が出ないとか、体のどこかに痛みがあるとか”っていうのは身体からの何かしらのサインだったりメッセージなんですよね。

それを無視してやっていると大抵の場合“負のスパイラルに突入" して、取り返しのつかない深刻な怪我をしたり、そのような身体の状態になったりしてしまいます。

たとえそこまでではないにしても、とにかく一回ここに入っちゃうと出るのが大変です。

マイナスレベルが1〜2くらいなら、まだ数日から1週間調整すれば抜け出すことができるんですが、これがマイナス4とか5、あるいはそれ以上のレベルに行っちゃうとほんと厳しいです。

Dantger

で、その“厳しい”状態になってしまう最大の理由として挙げられるのが、

“そんな状態なのに本人は気づかない”

ということです。

なぜなら・・・

心が強すぎるから。

「まだ俺は大丈夫。」

「俺はまだやれる。」

「こんなことでトレをさぼったらあいつに勝てない・・・」

 

そしてどこまででも自分を追い込みます。

それができてしまうんです。

だって心が強いし、ポジティブシンキングだし、まだ体が動くから。

でも、やはり人間には限界とか臨界点というのはあるんですよね。

それを超えたときにやっと気づくんです。

本人も自覚できる形で体に表れてきちゃうので。

 

以下全部私の周りで実際に起きた事例です。

・理由はわからないが唇を中心に顔が腫れる

・全身のじんましんと発熱で救急車

・ひどい倦怠感

・うつに近い状態

・筋断裂

あとはここまでひどくない事例として(私もあるんですが)

・ぎっくり腰、肩、肘、膝などを痛める怪我

・抜けない倦怠感

・発熱

などが挙げられます。

 

前者の例は、本当に“心が強い人”たちです。大会でそれなりに結果を出している人だったり、それなりの身体を作っている人です。やはり人一倍の成果を出すには

“ギリギリの危険なライン”を攻めていかなければならないので。

そのラインでやってきたからこそ今の身体があるわけで。

Kyoudo2_20190903174001

ただこのへんのコントロールをうまくしないとホント、なんのためのトレーニングだかわからなくなってしまいます。

もちろん、このギリギリのラインを見極めるのは、実は至難の業で、なにより経験が必要です。

その感覚を養う努力もしていかなければなりません。

そのためにも普段から常にフラットで冷静な気持ちで自分を俯瞰的に見て置く癖をつけておきましょう。

以下チェックリストです。

━━━━━━━━━━━━━━

 今日やる気が出ないのは本当に身体の調子が悪いから?

 それともただの怠け心?!

 そもそもトレーニングプログラムに無理があるんじゃないか?

 俺、しっかりと休養取っている?足りてる?

 ちゃんとたんぱく質量摂れている?

 睡眠時間は?

 扱う重量やレップ数は落ちていない?

 仕事のストレスが溜まっていない?

 最近俺リラックスして穏やかな気持になる時ってある?

━━━━━━━━━━━━━━

ネガティブな答えが多いなら、積極的な休養が必要です。

トレを3〜7日間休んでしっかりと栄養を摂って、トレーニングしないぶん早く寝る。

トレーニングしないぶん読書する。他の趣味に時間を使う。

家族と一緒に過ごす。

勉強する。

そこまで酷くないなら、トレーニングの強度を1週間〜2週間位下げる。

アクティブレスト。

いつもの70%の重量で1種目につき10レップ3セット、追い込まない、って決めてやる。

決めたら絶対にそれ以上やらない。

トレ好きトレーニーは物足りなく感じ、ついつい追い込みたくなってしまうと思いますがそこはセットに入る前にまずは

“マインドをセット”。

やらない、と決める。

そのようにします。

で、それをしばらく続け、少しずつ強度を高めていきます。

 

次回は80%、その次は90%、その次は・・・

このように強度をコントロールすることによりマイナスだったエネルギーレベルのタンクが少しずつ満たされていくので、パワーを感じることができるようになります。

すると自然と重いものを扱いたくなって、義務感からではない追い込みができるようになります。

そうなったらこっちのもんです。

毎回いいトレーニングができ、身体に張りも感じ、パンプもしやすくなりトレーニングが楽しくなります。これに最大目的の筋肥大や体脂肪減少が加われば最高ですよね。

そしてこのような状態を、肉体づくりの“プラスのスパイラル”と私は呼んでいます。

Img_7489

ということで

━━━━━━━━━━━━━━

今回のポイントは

・強い心は諸刃の剣なので気をつけて使い分けましょう

・俯瞰的な目を養いましょう

・毎回120%の強度でやるのではなくて強度を調整しましょう

━━━━━━━━━━━━━━

でした。

いつも疲れていたり、伸び悩んでいる方は参考に。

 

P.S
近いうちに記事書きます。
今日の記事気に入ってくれたり、またよろしくね!という方は

人気ブログランキングへの応援クリックよろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━

あなたが初心者さんだろうが、自宅トレーニーだろうが、

中級者さんだろうが関係ありません。
肉体を変えたいすべての人へ。『筋トレ大百科』。

Newebookcover

P.P.P.S

SNSけっこうやっています

まだ未フォローの方はぜひフォローよろしくです。

━━━━━━━━━━━━━━

《関連動画》

筋肉を作り、体脂肪を減らしたり、極力付くのを抑える食事集

CBM (COOL BODY MEAL) 

20150419_150259

 

 

yoshi's BODY!!

20150419_150533

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の現時点で摂っているサプリ一覧。

《基本》

プロテイン(ホエイ)
Choice

抹茶味 ココア シナモン

マルチビタミン&ミネラル(LIFE STYLE)


《アドバンス》

BCAA(ビーレジェンド)

EAA(バルクスポーツ)

クレアチン(バルクスポーツ)

グルタミン(バルクスポーツ)

ファイバー(食物繊維)(バルクスポーツ)

《動画達》

厚い胸板が欲しい!(胸トレ編)

20150419_150511


yoshi's BODY!!

20150419_150533

男らしく逞しい腕が欲しい!(腕編)

20150419_150556

広く大きな大人の背中が欲しい!(背トレ編)

20150419_150124

広い肩幅がどうしても欲しい!!

20150419_150649

ボッコボコの腹筋が欲しい!(腹筋編)

20150419_150220

筋トレだけじゃ筋肉は付かない!
(筋肉が付かざるを得ない食事編)

20150419_150259

yoshiが自らの経験とたくさんのクライアント
のデータをもとに語った講義!(動画講義編)

20150419_150356

━━━━━━━━━━━━━━━

Cbpbn2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

≪商品一覧≫

『筋トレ大百科』
筋トレ基礎から応用までこれ一冊ですべてカバー
あなたの知りたいことのほとんどが網羅されているはず。

『~THE SHOT~』
とにかく短期間で且つ確実に体脂肪1ケタを目指すダイエットDVD

『腹筋RED』

バッキバキの腹筋を作ることに特化した腹筋づくりの専門書

 

 

 

|

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)